列王記第二14章1-21節;歴代誌第二25章―ーどうやって私たちは神様の言葉に反応するか

プライドによって、ユダの次の二人の王たちアマツヤとアザルヤは没落した。アマツヤの場合、彼の人生をこの言葉でまとめられる。

彼は主の目にかなうことを行なったが、全き心をもってではなかった。(歴代誌第二25:2)

例えば、アマツヤはエドムという国と戦う準備しているときに、北イスラエルの王国からの勇士を雇った。でも、ある預言者はアマツヤに言った。

王よ。イスラエルの軍勢をあなたとともに行かせてはなりません。主は、イスラエル、すなわち、すべてのエフライム族とは、共におられないからです。それでも、あなたが行くと言われるのなら、そうしなさい。雄々しく戦いなさい。神は敵の前にあなたをつまずかせられます。神には、助ける力があり、つまずかせる力もあるからです。(歴代誌第二25:7-8)

アマツヤはそれを聞くと本当に怒りました。なぜなら、彼はもうその勇士たちにたくさんのお金を払ったから。でも、結局彼はその勇士たちを取り分けて彼らの所に帰した。

でも、次の預言者が来ると、アマツヤの態度は全然ダメでした。ユダはエドム人を打ち破ると、アマツヤはエドム人の偶像を取って、礼拝し始めた。

預言者が来て、アマツヤを懲らしめ始めると、アマツヤは答えた。

私たちはあなたを王の議官に任じたのか。身のためを思ってやめなさい。なぜ、打ち殺されるようなことをするのか。(歴代誌第二25:16)

預言者はそれを聞く止めたけど、彼は言った。

私は神があなたを滅ぼそうと計画しておられるのを知りました。あなたがこれを行ない、私の勧めを聞かなかったからです。(歴代誌第二25:16b)

その予言はすぐに成就された。アマツヤは愚かに北イスラエル王国を攻撃しようとした。ヨアシュ王はアマツヤにプライドについて注意した。

あなたは、どうだ、自分はエドムを打ち破ったと言った。あなたの心は高ぶり、誇っている。今は、自分の家にとどまっていなさい。なぜ、争いをしかけてわざわいを求め、あなたもユダも共に倒れようとするのか。(歴代誌第二25:19)

アマツヤはヨアシュの言葉を無視して、イスラエルを攻撃した。その悪い決断によって、彼は死んだ。

あなたはどうですか。あなたはどうやって神様の言葉に反応するでしょうか。しぶしぶ従うでしょうか。もしくは無視するでしょうか。もしくは心から従うでしょうか。

多くの場合、私たちは自分の知恵に頼って、神様の言葉を拒絶する。私は高ぶって、自分の知恵によって成功すると思います。でもそのプライドは私たちを没落に導く。

ソロモンはこう書いた。

人の目にはまっすぐに見える道がある。その道の終わりは死の道である。(震源16:25)

自分の知恵に歩まずに、命に導く道を歩みましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , パーマリンク

列王記第二14章1-21節;歴代誌第二25章―ーどうやって私たちは神様の言葉に反応するか への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 列王記第二15章1-7節;歴代誌第二26章ーープライドは私たちをどこに導くか | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中