列王記第二13章10-25節ーー尊敬だけでしょうか。または心からの愛でしょうか。

イスラエルの王ヨアシュ(ユダのヨアシュじゃなくて)と預言者エリシャはどのような関係があったでしょうか。ヨアシュは父エホアハズとほかのイスラエルの王たちのように悪いことをしたり、偶像礼拝をしたりしました。

それでも、彼はエリシャを尊敬して愛していたようです。だから、エリシャが死に掛けた時に、彼は叫んだ。

わが父。わが父。イスラエルの戦車と騎兵たち(14)

神様がエリヤを取られたときに、エリシャは同じ言葉を言いました。(列王記第二2:12)

でも、ヨアシュがエリシャを本当に愛していたら、エリシャの言葉に従うはずです。ヨアシュはそうしなかった。

この話で、エリシャはヨアシュに最後の命令を与えた。エリシャは言った。

弓と矢を取りなさい。。。弓に手をかけなさい。。。東側の窓をあけなさい。。。矢を射なさい。(15-17)

ヨアシュはそうしました。そして、エリシャは言った。

主の勝利の矢。アラムに対する勝利の矢。あなたはアフェクでアラムを打ち、これを絶ち滅ぼす。(17)

そして、エリシャはまた言った。

矢を取りなさい。。。それで地面を打ちなさい。(18)

ヨアシュはそれを聞いてどう思っていたでしょうか。多分、彼はどうしてエリシャがそう命じた分からなかったから、ためらいがちに三回打ちました。

エリシャはそれを見ると怒りました。彼は言った。

あなたは、五回、六回、打つべきだった。そうすれば、あなたはアラムを打って、絶ち滅ぼしたことだろう。しかし、今は三度だけアラムを打つことになろう。(19)

エリシャの言葉は成就された。神様の助けによって、ヨアシュはアラム人を三回打ち破って、父エホアハズから取られた街を取り返した。

でも、ヨアシュのエリシャに対する態度と、ヨアシュの神様に対する態度は似ていた。尊敬していたかもしれない。ちょっと愛していたかもしれない。でも、ヨアシュは心の全部を神様に与えなかった。心を尽くして神様の言葉に従わなかった。彼は心の半分だけを神様に与えた。半分以下を与えたかもしれない。

だから、神様がヨアシュのためにたくさんの良いことを望んだのに、ヨアシュはその良いことをほとんど経験しなかった。もしヨアシュが心を尽くして神様に従ったら、もっと達成できたかもしれない。

あなたはどうですか。心のすべてを神様に与えたでしょうか。心を尽くして神様に従うことを決心した。

もしくは、ヨアシュのように、神様をちょっと尊敬するだけでしょうか。「神様が言ったことが良いかもしれないけど、ちょっと遠慮します」と言うでしょうか。

半分の心で、神様を求めないように。すべてを神様に捧げましょう。心を尽くして、思いを尽くして、また力を尽くして従いましょう。

ある讃美歌が言ったように、

素晴らし神様からの愛は
私の魂、命、私のすべてを要求する。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中