列王記第二12章17-21節;歴代誌第二24章14-27–全然成長しなかった少年

24

全然成長しなかった少年。それを聞くと、私はピーター・パンについて考えます。彼は全然成長したくなかった。peter-pan-1953

残念なことだけど、ヨアシュ王はそのような人でした。祭司エホヤダはヨアシュを育てて、教えたから、ヨアシュは人生の前半の間、主に仕えた。それに、エホヤダと他の祭司たちは主の宮を修理しないと、ヨアシュは彼らを懲らしめた。

でも、ある日エホヤダが亡くなった。ヨアシュを育てた人、また、ヨアシュを教えていた人は亡くなった。エホヤダが頑張ってヨアシュを訓練したから、ヨアシュは学んだことを使って、ユダを賢く治める機会があった。

でも、ヨアシュはそうしなかった。

むしろ、エホヤダが死んだ後で、ユダのつかさたちはヨアシュの心を神様から離れるように導いた。すぐに、修理したばかりの宮を捨てて、他の神々を礼拝し始めた。

それも悪かったけど、ヨアシュはもっと悪いことをした。神様はエホヤダの息子ゼカリヤをヨアシュに送った。ザカリヤはヨアシュに言った。

神はこう仰せられる。「あなたがたは、なぜ、主の命令を犯して、繁栄を取り逃がすのか。」 あなたがたが主を捨てたので、主もあなたがたを捨てられた。(歴代誌第二24:20)

ヨアシュはそれを聞いて、その父エホヤダの親切さを全然認めず、ザカリヤを殺した。

だから、神様はユダを裁きました。ユダの軍隊がアラムという国の軍隊よりも大きかったのに、神様はユダをアラムの手に渡しました。

その時、ヨアシュがひどく怪我を負い、すぐに、ヨアシュの家来は彼を暗殺した。

皮肉なことだけど、エホヤダが死ぬと、王たちと一緒に葬った。しかしヨアシュは王たちと一緒に葬らなかった。

どうしてでしょうか。ヨアシュは本当に成長しなかったから。彼は心を尽くして神様に信頼することを決して学ばなかった。むしろ、彼は人間に頼りました。エホヤダのような人に頼ったら、ヨアシュは良いことをした。でも、悪い人に頼ったら、悪いことをした。結局、それが彼の没落を招いた。

あなたはどうですか。あなたのメンターは誰でしょうか。誰に信頼するでしょうか。誰に頼るでしょうか。私たちが成長しなくてはならない時間が来る。敬虔な人は永遠に私達と一緒にいない。彼らは私たちを去ると私たちは霊的な大人にならなくてはならない。つまり、人々に頼らず、神様だけに頼ることを学ばなくてはならない。

私たちはそう学びましょう。私たちの人生を神様の手に入れましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 タグ: , , パーマリンク

列王記第二12章17-21節;歴代誌第二24章14-27–全然成長しなかった少年 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 列王記第二13章10-25節ーー尊敬だけでしょうか。または心からの愛でしょうか。 | 聖書を読み通す

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中