ヨエル書3章–決断の谷、裁きの谷

さばきの谷には、群集また群集。主の日がさばきの谷に近づくからだ。(14)

この日本語の翻訳と英語の翻訳はちょっと違います。日本語では、「裁きの谷」と訳された。英語では、「決断の谷」と訳された。

多分、英語の翻訳はもっと文字通りだけど、日本語の翻訳を読むと、ヨエルの意味がちゃんと理解できると思います。

なぜなら、主の日が来ると、主に従うかどうか決断する時間がもうないですから。この箇所では、人々はもう決断した。つまり、国々は、神様に反抗して、神様とその民と戦うためにその谷に来ました。でも、彼らは神様と戦うために来ると思うのに、実は、神様の裁判に入ります。

そして、神様は言います。

わたしが、そこで、回りのすべての国々をさばくために、さばきの座に着くからだ。(12)

だから、「決断」というのは人々の決断ではなくて、それは、神様の決断です。つまり神様は、この反抗的な人々を裁きます。

その日彼らはイエス様に背を向けて、またイエス様を踏みつけたから、永遠の罰を受けます。へブル人への手紙の著者が言ったように、

私たちは、「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする」、また、「主がその民をさばかれる」と言われる方を知っています。生ける神の手の中に陥ることは恐ろしいことです。(へブル30-31)

それは怖いですけど、真理です。

でも、もしあなたが神様に向かって、イエス様をあなたの主として認めたら、神様はあなたの罪を赦してくださいます。神様は言いました。

わたしは彼らの血の復讐をし、罰しないではおかない。主はシオンに住む。(ヨエル3:21)

だから、私たちが裁きの谷に来る前に私たちは決断しなくてはならない。それは、イエス様を主として認めるか。もしくは、私たちは神様に背を向け続けるか。神様に向かったら、神様はあなたに赦しと祝福を注ぎます。でもそうしないと、裁きが来る。

あなたはどうしますか?

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨエル書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中