ヨエル書2章1-27節ーー本当の悔い改め

時々、人々が「ごめんなさい」と言っても、心から言っていないな、と分かることがあります。彼らが謝りたくないから、その謝罪の言葉を彼らの口から引っ張らなくてはならないことがあります。

時には、人は自分が悪いことをしたからと言って悲しまない。むしろ、皆がその人が悪いことが分かると彼は苦しみます。

この箇所では、神様はそのような問題について話します。2章の最初に、神様は「このいなごの問題はたまたま起こったことではない。あなたの罪によってこの災害が来た。」と言いました。

そして、神様は言いました。

しかし、今、– 主の御告げ ーー 心を尽くし、断食と、涙と、嘆きとを持って、わたしに立ち返れ。あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。あなたがたの神、主に立ち返れ。主は情け深く、あわれみ深く、怒るのにおそく、恵み豊かで、わざわいを思い直してくださるからだ。(13-14)

「あなたがたの着物ではなく、あなたがたの心を引き裂け。」

旧約聖書の時代では、人々は自分の謙遜さか悲しみを表すために、自分の着物を引き裂きました。

でも神様は言った。「そのような上辺手だけの悔い改めを望まない。あなたの心が欲しいです。あなたが心から悔い改めることを望む。」

ダビデはこう書いた。

たとい私がささげても、まことにあなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを、望まれません。神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。(詩篇51篇16-17)

神様はイスラエル人に言った。「もし、あなたがたが悔い改めると、私はあなたがたを癒すよ。いなごから受けた被害を治します。」

今、わたしは穀物と新しいぶどう酒と油とをあなたがたに送る。あなたがたは、それで満足する。わたしは、二度とあなたがたを、諸国の民の聞いて、そしりとしない。(ヨエル書2:19)

神様は私たちに同じことを言います。悔い改めるのは決して遅すぎない。私たちが神様に向かったら、神様は憐み深くて憐み深いから、すぐに私たちの罪から受けた傷を癒します。

主よ、私はあなたの前に清い心が欲しいです。助けてください。私は砕けれた心、また罪から逃げる心を望みます。あなたの愛と憐れみを感謝します。私があなたを喜ばせることを助けてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: ヨエル書, 十二小預言書, 旧約聖書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中