列王記第二11章;歴代誌第二22-23 – 正当な王

ヨシャパテが未来を見ることができたら、違う選択をしたでしょうか。彼はアハブ王と同盟を結んで、ヨシャパテの息子ヨラムはアハブの娘アタルヤと結婚した。アタルヤがヨラムを神様から離れるように導き、アタルヤのアドバイスによってヨラムがその兄弟たちを殺し、またヨラムとその息子アハズヤが死ぬと、アタルヤがユダの女王になるために王の一族を殺そうとしたことを知っていたら、ヨシャパテは何を考えたでしょうか。

アタルヤはほとんど皆を殺してしまったが、幸いアハズヤの姉妹はアハズヤの息子ヨアシュを救い出した。彼は主の宮に隠れたが、6歳になると、祭司エホヤダはヨアシュをユダの民の前に出して、ヨアシュに油を注いで、王冠を被らせました。そして、すぐにアタルヤは殺された。

私たちはアタルヤの行動を見て、侮るかもしれない。でもどれぐらい私たちはそのように、神様から私たちの心の王座を奪うでしょうか。

聖書によると、神様は正当な王です。でも、私たちはよく神様をその王座から押し出して、その王座を奪います。

神様のために生きずに自分自身のために生きる。神様に従わずに、自分の欲望に従います。

そして、神様がその王座をもう一度取ろうとすると、アタルヤのように私たちは叫ぶ。「それは私の王座です。」

多くの人々はもしその王座に座れば幸せな人生を生きると思います。でも、その王座に座ると結局私たちの人生はめちゃくちゃになります。私たちの結婚はダメになります。私たちの家族はダメになります。私たちが建てようとする物はすべて倒れます。

でも、神様がその王座に座るとどうなりますか。本当の喜びが来る。そして、私たちが自分の悪い決断によって破壊したものを癒すことができる。

ユダの民は6年間ぐらいアタルヤの治世によって苦しんでいた。でも、正当な王がその王座に座ると、希望が戻りました。そして皆は喜びました。

あなたは自分自身の悪い決断によって、苦しんでいているかもしれない。でも、神様に心の王座をささげたら、希望は戻ります。そして、その希望によってあなたは喜ぶことでしょう。

あなたは神様から王座を奪いましたか。その王座を神様に返しましょう。神様を私たちの王にしましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中