列王記第二8-9章;歴代誌第二22章ーー聖書は矛盾があるでしょうか

聖書を信じることができるでしょうか。時々、ミスがないでしょうか。

時々、人々はそのような疑いがあります。そして、今日の箇所を読むと、多くの人々はそう考えるかもしれない。

列王記と歴代誌を合わせるのは本当に興味深いです。なぜなら、時々、歴代誌と列王記に同じ話があるのに、列王記は歴代誌に書いてない情報があるし、歴代誌は列王記に書いていない情報があるから。だから、列王記と歴代誌を合わせたら、その話の全部を見ることができる。

でも、時々列王記と歴代誌を合わせたら、ちょっと分かりにくいところがあります。つまり、列王記の話と歴代誌の話はちょっと矛盾があるみたいです。

一つの例はユダの王アハズヤの死です。つまり、どうやって、アハズヤは死んだでしょうか。

このブログで、できるだけ、私は難しい箇所から逃げなかった。でも、この話について私の意見を言う前に、私はこのような難しい箇所についてどのように考えるか説明したいです。

二人の人々が同じ事件について話したら、彼らは決して同じ言葉を使わない。彼らは違うことを覚えているし、彼らが何が大切か違う意見があるから、同じ事件について話しても、違うことに焦点を当てる。裁判でいろんな証人が同じ事件について話したら、違う証言が出てくるものです。

でも、彼らの話はちょっと違っても、その事件が起こらなかったわけじゃないです。また、矛盾があるわけじゃないです。裁判で、裁判官はその話を聞いて、どうやって違うことを合わせた方が良いか考えます。

私たちは聖書を読むと、同じことをする。もし、列王記と歴代誌に 違うことがあったら、どうやって合わせた方が良いか考えます。また、マタイとマルコとルカとヨハの中で矛盾があるみたいだったら、同じことをする。そうすると、いつも良い説明があると思います。

とにかく、どうやって、アハズヤは死んだでしょうか。列王記によると、アハズヤは傷を負わせて、ミギドという都市に逃げた。そして、彼があそこで死んで、彼の家来たちは彼をエルサレムに葬った。(列王記第二9:27-28)

列王記だけを読むと、多分、あなたはアハズヤが傷によって死んだと思うかもしれない。

でも、歴代誌によると、アハズヤは捕まって、サマリヤでエフーという人に殺された。どうやってこの二つの話を合わせることができるでしょうか。

この話をもうちょっと詳しく見ましょう。

列王記によると、アハズヤはイスラエルの王ヨラムを見舞いに来た。エフーは来て、ヨラムを殺して、アハズヤを見ると、追いかけて殺そうとした。アハズヤには傷を負わせたけど、メギドに逃げた。

でも歴代誌に、もっと情報が書いてあります。エフーがアハズヤを探していて、エフーの民はサマリヤにアハズヤを見つけた。どうして、アハズヤはサマリヤにいていたでしょうか。

ある可能性は、アハズヤが傷を負わせた時に、最初にメギドに逃げたことです。エフーはそれを聞いて、メギドに行きましたが、アハズヤはエフーが来ることを聞くと、サマリヤに逃げた。エフーがミギドに着くと、アハズヤはもう逃げてしまったから、エフーは人々をアハズヤを探すために送った。彼らがアハズヤを見つけて、メギドに連れて行って、そこでエフーは彼を殺した。

歴代誌によると、アハズヤがサマリヤで見つけられたと書いてあるけど、サマリヤで殺されたと書いていない。むしろ、「人々は、彼をエフーのもとに引いてきて殺した」と書いてあります。でも、その時、エフーがどこにいたか書いていない。

列王記によると、アハズヤが傷を負わせて、ミギドで死んだと書いてあるけど、どうやって死んだか書いていない。メギドで死んだだけと書いてあります。そして、エフーが彼を葬った後で、多分アハズヤの家来はその死体をエルサレムに動かして葬った。

その説明は正しいでしょうか。私は分からない。他の説明があるかもしれない。でも、私が確信していることは聖書には矛盾がないことです。

聖書の中に時々難しい箇所があります。列王記と歴代誌の中にも、福音書の中にも、合わせにくい箇所があります。でも、その個所を詳しく見ると、また、ちょっと考えると、私たちが分かるのは聖書に矛盾がないことです。だから、私たちは聖書を信じて、従いましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中