列王記第二8章16-24;歴代誌第二21章ーー神様の警告を無視すること

イスラエル人が子供たちを名付けた時に、いろんな独特の名前を使ったらよかったのにと思います。なぜなら、列王記と歴代誌を読むと、ちょっと混乱するから。

つまり、イスラエルでアハブ王が亡くなったら、その息子アハズヤは王になった。そして、アハズヤが亡くなったら、その兄弟ヨラムはイスラエルの王になった。

でも、ユダでは、別のヨラムはユダの王になった。そして、彼が亡くなったら、彼の息子アハズヤは王になった。

だから、同時に、二つの国で、二人のヨラム王たちがいたし、二人のアハズヤ王たちがいた。

とにかく、この箇所のヨラム王はイスラエルの王じゃなかった。イスラエルの王ヨラムはエリシャをよく知っていた。

でも、この箇所のヨラムはユダの王ヨラムです。彼はエリシャをあまり知らなかった。

ユダの王ヨラムはヨシャパテ王の息子でした。でもヨシャパテと違って、ヨラムは心を尽くして神様に従わなかった。なぜでしょうか。多分、彼はアハブの娘アタルヤと結婚したから。私が以前言ったように、もし、あなた自身と不敬虔な人と結んだら、大変な状態になる。

この箇所にその結果を見ることができる。

ヨシャパテが亡くなった後に、ヨラムは兄弟たちを殺そうと決めた。私の意見だけど、多分アタルヤの影響によって、ヨラムはそうしました。なぜなら、ヨラムの息子アハズヤが亡くなったら、アタルヤは同じようなことをしてしまったから。

また、アタルヤはヨラムを偶像礼拝に導いた。(歴代誌第二21:6;列王記第二8:18)

ダビデのために神様はその家系を守りたかったから、 ヨラムを悔い改めるために懲らしめた。ヨラムが神様を捨て去ったから、エドムとリブナという国はイスラエルに背いた。(歴代誌第二21:10)

ある時、ヨラムはエドム人に囲まれて、逃げなくてはならなかった。それでも、彼は悔い改めなかった。

だから、神様は最後の警告を送りました。それはエリヤからの手紙でした。

列王記第一と第二の中で、エリヤとエリシャの話がたくさんあるけど、歴代誌の中で、エリシャの名前が全然ないし、エリヤの名前が一回しか出てこない。でも、この一回はかなり混乱させられる箇所です。なぜなら、列王記第二によると、エリヤは、もう天国に行ってしまったから。どうやって、ヨラムはこの手紙をもらったでしょうか。

誰も知らない。でも、いろんな意見があります。一つは、神様はエリヤを天国に連れていかなかったことです。むしろ、「静かな場所」に連れて行って、死ぬまでエリヤはそこに住みました。そして、その所から、エリヤはその手紙を送った。興味深い意見ですけど、私はそう思わない。

他の意見は、この話は年代順じゃないことです。つまり、この事件の後で、エリヤは天国に行った。

もう一つの意見は、エリヤが天国に行く前に、神様がヨラムのことについて伝えたから、エリヤは、この手紙を書いた。そして、エリヤがある弟子に渡して、適切な時にその弟子はヨラムにその手紙を渡した。

それは正しいかもしれない。なぜなら、エリシャはハザエルの未来をよく知っていたから。また、クロス王(イサヤ44:28-45:1)とヨシヤ王(列王記第一13:2)が生まれる前に、神様は彼らの名前と行動をよく知っていた。

もし預言を信じると、エリヤの手紙はそんなに珍しいことじゃない。

とにかく、ヨラムは死んだ人からの手紙をもらった。多くの人々は、その手紙を見ると悔い改めるはずです。しかし、ヨラムは悔い改めなかったから、結局、神様は彼を裁いた。彼は重病の床で死んだ。そして、

彼は人々に愛されることなく世を去った。(歴代誌第二21:20)

私たちは何を学ぶことができるでしょうか。

私たちが神様に背を向く時に、神様は自分の約束を守るから忍耐と憐れみをずっと示すかもしれない。私たちに警告を与えるし、私たちの状況を通して私たちを懲らしめるかもしれない。でも、私たちがそれを無視すると、裁きが来る。私はあなたの救いを失うことを言っていない。でも、あなたが罪を犯し続けたら、きっと裁きが来る。そして、神様の裁きは本当に苦しいです。

神様からの警告と懲らしめを無視しないでください。むしろ、

私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。。。霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さあずからせようとして、懲らしめるのです。(9-10)

主よ、私があなたの懲らしめを決して無視しないように。あなたの声を聞く耳とあなたに従う心を与えてください。父が自分の子供を愛して、世話するように、あなたが私を愛して世話することを感謝します。私があなたを誉める人生を生きるように助けてください。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中