列王記第二8章1-6節ーー神様の完璧なタイミング

二つの理由で、この話は興味深いです。

一つ目はゲハジのことです。前回ゲハジの名前を見ると、ゲハジがナアマンに嘘をついたから、神様はゲハジをらい病で打っていた。(5章)

でも、この箇所ではゲハジはヨラム王にエリシャについて話している。

この話は年代順ではない可能性もあります。つまり、ゲハジは、らい病になる前に今回の話が起こっていたかもしれません。

でももしかしたら、神様は憐みを与えて、ゲハジを癒したのかもしれません。あるユダヤ人の学者が考えている興味深いことは、7章のらい病のある4人の人々は、ゲハジとその息子たちです。そして、彼らの行動のために、神様は彼らを癒した。

そして二つ目は、神様の完璧なタイミングのことです。

4章で、私たちはシュネムの女の人について読みました。そして、イスラエルに飢饉があったから、エリシャはその家族に別の国に住んだ方が良いと言いました。でもその間に、その主人は亡くなった。だから、彼女とその息子はイスラエルに帰って、すぐに王の所に行って、自分の家と畑が返されるように頼みました。

彼らが王の前に来たちょうどその時、ゲハジは王にエリシャがどうやってその女の人の息子を復活させたかことについて話しているところでした。

ゲハジが彼女を見て本当に驚いたと思う。彼は言った。

王さま。これがその女です。これが、エリシャが生き返らせたその子供です。(5)

ヨラムは彼女にその事件について尋ねて、感動したので、彼女の畑と家をすぐに返した。

神様のタイミングは本当に完璧です。私が振り返ると、いろんな例を思い出す。例えば、どうやって神様が私の妻を私の人生に導いたか本当に素晴らしかったと思う。(でも、その話は他のブログのために置いておきましょう)。

それでも試練の時に、待つのが大変になるかもしれない。時々、神様のタイミングのために待たずに、自分の力で何かをしようとする。

日本では、多くのシングルの人々は、待っていることに飽きて、ノンクリスチャンと結婚してしまう。でも後で、彼らが分かるのは、一つの問題の代わりにもっと大きい問題を得たことです。

神様のタイミングが完璧なことを思い出しましょう。ダビデが書いたように、

13 ああ、私に、生ける者の地で主のいつくしみを見ることが信じられなかったならーー

14 待ち望め。主を。雄々しくあれ。心を強くせよ。待ち望め。主を。(詩篇27篇13-14)

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中