列王記第二6章1-7節ーー細かいことがない

神様が私たちの人生の細かいことにでも気になさることは、私にとって驚くことです。でも、神様にとっては、細かすぎることがないです。

この話で、ある預言者たちは住むところを作りたかったので、木を切り倒し始めた。でも、そうしながら、誰かの斧の頭をヨルダン川の中に落としてしまった。それに、その斧は借りた物でした。

エリシャはその問題について聞くと無視しなかった。また、「私は、このような問題は気にしないよ」と言わなかった。むしろ、彼はその預言者を助けました。エリシャは一本の枝を切って、ヨルダン川に投げ込で、奇跡的にその斧の頭を浮かばせた。だから、その預言者はその斧の頭を取り上げるようにできた。

私たちはどれぐらい私たちに対する神様の愛が分かるでしょうか。神様が私たちの大きな問題だけではなくて、小さいことも気にすることが分かるでしょうか。

神様の注意に値しないことだと思うから、どれぐらい私たちは祈ることを控えるでしょうか。

でも、神様にとっては、私たちが神様の注意に値するものです。もし、私たちは気になっていると、神様も気になっている。

だから、私たちが心配することがあれば、すぐに、天のお父様の前にその問題を持っていきましょう。神様は決して、「これは馬鹿な話」と全然思わないから。

雀の一羽でも地に落ちるを気づく神様は、あなたの細かいことも気づきます。あなたの頭の毛さえも、みな数えられている神様です。だから神様の愛の中で休みましょう。

神様、時々、私に対するあなたの愛を疑います。時々、試練の時に、私はあなたが気づくかどうか疑います。だから、祈っても、何も変わらないと思います。でも、あなたが私を本当に愛してくださり、感謝します。私があなたの愛を忘れないように助けてください。私の小さい心配も大きい心配もあなたの前においたら、私の祈りを聞いて、答えてください。私があなたの愛を見て、もっと知るように助けてください。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中