列王記第二4章38-44節ーー私たちを守る神、私たちのニーズを備える神

この二つの話で、私たちは神様の愛を見ることができる。

一つ目の話では、飢饉があったけど、エリシャはしもべに言った。

大きなかまを火にかけ、預言者のともがらのために、煮物を作りなさい。(38)

でも、その煮物を食べている間に、皆が分かったのは、偶然にそのしもべが毒のある材料を使ったことです。だから、彼らはエリシャに叫んだ。

神の人よ。かまの中に毒が入っています。(40)

でも、神様は彼らの命を守りました。つまり、その毒のある食べ物を命を支えるものに変えた。

二つ目の話はイエス様の奇跡に似ている。誰かが、エリシャにパンを持ってきたけど、周りの人々もおなかが空いたから、エリシャはそのパンを分けたかった。でも、100人のためにパン20個しかなかった。それにしても、エリシャは、しもべに言った。

この人たちに与えて食べさせなさい。主はこう仰せられる。「彼らは食べて残すだろう。」(43)

そして、神様はすべての人々のためにパンを備えてくださった。

3年間前に、私の家計についてちょっと心配していた。だから、私の妻はアルバイトを探していました。その仕事に関していろんなことを望んだので、良い仕事を見つけるのがちょっと大変だったけど、結局、神様はちょうど良い仕事を備えてくださった。そして、去年、神様は私にもっと良い仕事を備えてくださった。私たちは本当に祝福されています。

だから、これから、私たちは神様にもっともっと信頼することを学びたいです。あなたはどうでうすか。

主よ。私たちがあなたに信頼することを助けてください。あなたが私たちを愛して、私たちのニーズを備えることを信じるように助けてください。あなたは私たちのニーズを知っています。あなたがエリシャとその弟子たちのために備えてくださったように、私たちのニーズを備えてください。イエス様の御名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中