列王記第二3章ーー神様の御心に従うか自分の心に従うか

イスラエルの王ヨラムはモアブの背きに直面した。モアブは、ずっとヨラムの父アハブに貢物を送らなくてはならなかった。

でも、アハブが死ぬと、モアブの王は、その貢物をもう送らなかった。だから、ヨラムはエドムの王とユダの王と同盟を結んで、モアブを攻めるように行きました。

もう一度、ユダの王ヨシャパテは悪い決断をした。つまり、悪い同盟を結んだ。どうして、その決断をしたでしょうか。多分、ヨシャパテの息子がアハブの娘と結婚したから。また、ユダとモアブの関係も悪かったから。とにかく、その決断によって、またトラブルが出て来た。

その3人の王とその軍隊と一緒に砂漠を超えた時に、水がなくなった。だから、現在でも多くの人々がするように、ヨラムは神様を責めた。彼は言った。

ああ、主が、この三人を召されたのは、モアブの手に渡すためだったのだ。(10)

ヨシャパテがエリシャのアドバイスを求めたけど、エリシャが来たら、彼はヨラムに言った。

私とあなたとの間に何のかかわりがありましょうか。あなたの父上の預言者たちと、あなたの母上の預言者たちのところにおいでください。(13あ)

でも、もう一度、ヨラムは自分のトラブルのために神様を責めた。

いや、主がこの三人の王を召されたのは、モアブの手に渡すためだから。(13b)

それでも、神様は恵み深くて、水を備えたし、彼らに勝利を与えました。

私たちが自分自身に訊かなくてはならないのは、「神様の御心に本当に従っているだろうか。もしくは、私たちは神様の名前によって、自分自身の心に従っているだろうか。」

その違いは何でしょうか。

私たちが自分の計画を作って、「神様、この計画を祝福してください」と祈るのは、神様の御心に従うことではない。それは、自分の心にしたがうことです。神様の名前をあなたの計画に付けるだけです。

多くの場合、その結果は、私たちが困ってしまうことです。そして、私たちは「なぜ?」と訊いて、神様に責め始める。それは、良い生き方じゃないです。良い考え方じゃないです。

むしろ、私たちが祈らなくてはならないのは、「神様、あなたの御心は何でしょうか。あなたの御心が私の人生に行われるように」ということです。

もし、私たちが最初から神様を求めると、神様は私たちを導いて下さいます。そして、私たちが神様に従うと、私たちの「することで繁栄し、また栄えることができる。」(ヨシュア記1:8)

あなたはどうですか。神様の御心に従っているでしょうか。もしくは、神様の名前によって、自分自身の心に従っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中