列王記第二2章23-25節ーー神様の言葉に背くと

この箇所によって、私たちは神様の言葉に背く結果を思い出させられます。神様の言葉を知らない結果について書かれているのではありません。神様の言葉に背くことについて書かれています。

この箇所で、エリシャはべテルという町に行きました。その時、ある男性たちはエリシャに向かった。

私は、ちょっと説明するべきことがあります。新改訳によると、「小さい子供たち」と書いてあります。その通りに訳すことができるけど、そのヘブル語の表現は、もう一つの方法で翻訳できます。つまり、「若い男性たち」と翻訳できます。列王記第一14-17節、その同じヘブル語の表現は「若い者」と翻訳されました。その個所によれば、その若い者たちは戦争で戦った。

だから、その「小さい子供たち」は10代かもしれないし、20代ぐらいの人たちかもしれない。

そして、彼らは町から出てきて、エリシャのところへに向かった。それは、偶然じゃなかった。彼らはわざとエリシャの所に行った。そして、彼らは言った。

上って来い、はげ頭。上って来い、はげ頭。(23)

それは、どういう意味でしょうか。多分、彼らはエリヤが天国に行くことについて聞いた。そして、彼らが言ったのは、「もう、出て行け!あなたの主人の所に行きなさい。」ということです。

ある聖書の学者によると、彼らはその言葉によって、エリシャを脅したかもしれない。それが本当かどうか分からないけど、彼らは確かに、神様の言葉に背いたし、神様の預言者を尊敬しなかった。

だから、エリシャは彼らを呪った。そして、神様は熊を送って、その40人の若い者を殺した。

彼らを殺す必要が本当にあったでしょうか。神様は、そう思った。思い出してください。エリシャではなくて、神様がその熊たちを送った。そして、その40人の若い者たちがエリシャを脅すと、エリシャを守るために神様は彼らを殺さなくてはならなかった。

でも、彼らがエリシャを脅さなくても、神様は、その若い者とその町の人々に大切なことを教えました。それは、もし、あなたが神様の言葉に背くと、また神様に反抗すると、結局裁きが来る。すぐに来るかも知らない。遅く来るかもしれない。でも、きっと裁きが来る。

私たちは、どうですか。神様の言葉に、どのように反応するでしょうか。

時々、私たちは神様の言葉を聞いて、気持ちが悪くなる。なぜなら、私たちの悪いことを示されるから。ある時、私たちは、その言葉を聞きたくなくないので、怒ります。

でも、どう感じても反応するべきです。無視することができないです。そして、もし、その言葉に背くと、私たちが裁かれます。

神様は忍耐強い方です。でも、神様の忍耐は永遠に続かない。

歴代誌第二36章で、ユダに対しての裁きについて書いてあります。なぜなら、ユダはイスラエルのように、罪と堕落に落ちたから。こう書いてあります。

15 彼らの父祖の神、主は、彼らのもとに、使者たちを遣わし、早くからしきりに使いを遣わされた。それは、ご自分の民と、ご自分の御住まいをあわれまれたからである。

16 ところが、彼らは神の使者たちを笑いものにし、そのみことばを侮り、その預言者たちをばかにしたので、ついに、主の激しい憤りが、その民に対して積み重ねられ、もはや、いやされることがないまでになった。

あなたはどうですか。神様の言葉を聞いたら、どうやって、反応するでしょうか。特に神様が、あなたの罪を示したら、あなたは怒りますか。もしくは、その言葉を無視するでしょうか。もしくは、その言葉に背くでしょうか。

そうすると、イスラエル人のように、あなたの心は固くなります。長くすると、結局癒されることがないまでになる。裁きが来る。

でも、もしあなたが自分自身の心を柔らかくして、罪を告白して、神様の言葉を受け入れたら、あなたの人生は変えられるし、赦しと癒しが来る。

あなたはどう選ぶでしょうか。

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中