列王記第二1章ーー口先だけを望まない神様

イスラエルの王アハズヤの治世はあまり長くなかった。2年ぐらいだけでした。父アハブのように、アハズヤはバアルとヤロブアム王が作っていた金の子牛を通して「ヤハウェ」を礼拝した。

でも、アハズヤは本当に神様に従いたくなかった。だから、大変な事故の後で、アハズヤが生き続けるかどうか知るために、別の国の神に相談した。だから、神様はエリヤを送りました。エリヤはアハズヤの使者に言った。

主はこう仰せられる。あなたが人をやって、エクロンの神、バアル・ゼブブに伺いを立てるのは、イスラエルに神がいないためか。それゆえ、あなたは上った寝台から降りることはない。あなたは必ず死ぬ。(6)

アハズヤはそのメッセージを聞くと、五十人隊の長を、その部下五十人と共にエリヤの所に遣わした。どうしてアハズヤが彼らを遣わしたか分からない。エリヤを捕まえるために送ったかもしれない。もしくは、エリヤからもっと聞きたかったかもしれない。

でも、二回、五十人隊の長はエリヤの所に行って、高ぶる心を持って言った。

神の人よ。王がこう申しております。急いで降りて来てください。(11)

多分、彼らは「神の人」だと言っても、エリヤをからかっていただけです。

だから、二回、エリヤは答えた。

もし、私が神の人であるなら、天から火が下って来て、あなたと、あなたの部下五十人を焼き尽くすだろう。(10-12)

でも、次の五十人隊の長は、謙遜して、言った。

13 「神の人よ。どうか私のいのちと、このあなたのしもべ五十人のいのちとをお助けください。

14 ご承知のように、天から火が下って来て、先のふたりの五十人隊の長と、彼らの部下五十人ずつとを、焼き尽くしてしまいました。今、私のいのちはお助けください。」

だから、神様はエリヤをもう一度アハズヤに送りました。そのすぐ後に、アハズヤは死んだ。

私たちは何を学べるでしょうか。神様は私たちの口先だけの言葉を全然望まない。

アハズヤは他のイスラエルの王のように、神様を礼拝すると言ったけど、神様が定めたように、礼拝しなかった。特に彼は、その金の子牛を礼拝して、「これは神様です」と言った。

それに、困った時に本当の神様に相談せずに、別の「神」に相談した。

二人の五十人隊の長はエリヤを「神の人」だと呼んだけど、心の中ではエリヤが神の人だと思っていなかった。最後の五十人隊の長は信じたから、神様は憐れみを与えた。

私たちはどうですか。神様に口先だけの言葉を捧げるでしょうか。もしくは、私たちは謙遜して、神様に従うでしょうか。

ある日、

10 イエスの御名によって、天にあるもの、地にあるもの、地の下にあるもののすべてが、ひざをかがめ、

11 すべての口が、「イエス・キリストは主である」と告白して、父なる神がほめたたえられるためです。(ピリピ2:10-11)

ある人は感謝の心から喜んで告白する。ある人は、苦しい心から告白する。でも、すべての人々はイエス様の権威に従います。口先だけの虚しい言葉はなくなります。

だから、今、口先だけの言葉や態度を捨てましょう。むしろ、心から神様に仕えて、イエス・キリストは主であると認めましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第二, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中