列王記第一21章ーー霊的な売春

「あなたの隣人のものを欲しがってはならない。」

「殺してはならない。」

「盗んではならない。」

その罪を犯したイスラエルの王について考えると、いつもダビデについて考えます。隣人の妻を欲しがっていたり、その夫を殺したり、その妻を自分自身のために取ったりした。

でも、アハブも、そのような罪を犯した。彼は隣人のぶどう畑を欲しがっていたり、その隣人を殺したり、そのぶどう畑を取ったりした。

25語節でこう書いてあります。

アハブのように、裏切って主の目の前に悪を行った者はだれもいなかった。彼の妻イゼベルが彼をそそのかしたからである。

英語の聖書を直訳すると、「アハブは悪を行うために自分自身を売りました。」

それはどういう意味でしょうか。売春みたいです。売春というのは、神様の目に悪を行うために、自分の体を売ることです。

アハブの場合は、いろんな意味で、霊的な売春を犯した。神様を愛せずに、物を愛したから、霊的な売春を犯した。神様を礼拝せずに、偶像礼拝して、霊的な売春を犯した。神様よりも、妻を大事にして、霊的な売春を犯した。

あなたはどうですか。神様はねたむ神です。(出エジプト記34:14)

神様は永遠に私たちの不忠実な心を我慢できない。もし、私たちが悪を行うために自分自身を売り続けたら、結局、神様は私たちを裁きます。

でも、神様は憐み深いです。アハブは神様の裁きについて聞くと、すぐに悔い改めて、神様は憐れみをかけた。残念なことだけど、アハブの謙遜な態度はすぐに消えた。もう一度、死ぬまでアハブは悪を行うために自分自身を売り続けた。

アハブのようにならないように。むしろ、ダビデのようになりましょう。ダビデは、時々、罪に落ちたけど、いつも悔い改めて、もう一度神様を求めた。

神様の心に叶う者になりましょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中