列王記第一19章19-21–イエス様についていくためにすべてを捨てること

ルカの福音書で、イエス様は、ある人を呼んだ。「私についてきなさい。」 その人は答えた。

主よ。あなたに従います。ただその前に、家の者にいとまごいに帰らせてください。(ルカ9:61)

そして、イエス様は言われた。

だれでも、手に鋤をつけてから、うしろを見る者は、神の国にふさわしくありません。(ルカ9:62)

その話を読むと、いつも、この列王記の話を思い出します。その状態は本当に似ている。 エリヤはエリシャを自分の弟子になるために呼んだ。(エリヤが自分の外套を彼に掛けたというのは、「私の弟子になってください。私は亡くなった後で、あなたはイスラエルの次の預言者になる。」という意味でした) そして、エリシャは言った。

私の父と母とに口づけさせてください。それから、あなたに従って行きますから。(20)

エリヤは、そう許しました。 どうしてでしょうか。一つ目は、エリヤはただの預言者だったけど、イエス様は神の子だったことです。 でも、二つ目は、その人たちの心の態度でした。つまり、イエス様が呼んだ人は、多分、家族から離れたくなかったから、イエス様についていくのは、ちょっとためらった。そして、イエス様はいつも振り返っている人を望まなかった。 イエス様は神様の国の働きを集中する人を望みました。エリシャを見ると、そのような人でした。 エリシャは、ずっと農家だったけど、エリヤがエリシャを呼んだら、エリシャは何をしましたか。 彼は、自分の牛を殺して、牛の用具で、その肉を調理して、家族と一緒に、食べた。そのあとで、家族から離れて、エリヤについていきました。 エリシャはエリヤについていき始めたら、もう振り返らなかった。すべてを燃やしたから、もう振り返るものがなかった。 神様は私たちがそのような者になることを望みます。私たちが過去をいつも振り返らずに、私たちを愛して、贖った者に集中することを望みます。また、私達の持ち物に拘らずに、すべてを離して、イエス様についていくことを望みます。 20年間ぐらい前に、日本の宣教師になることについてメッセージを聞いた。私の牧師は言った。「日本に宣教師になりたいなら、プランBについて全然考えないでください。つまり、「もし、全部うまくいかないとすぐに帰ること」と全然考えないように。プランAだけについて考えなさい。つまり、ずっと日本にいることを計画してください。もし、神様がプランBを与えると、それは大丈夫だけど、初めから、プランBを持たない方がいいです。なぜなら、日本では、関係を作るのは時間がかかるから。そして、日本人にとっては、その関係はとても大事です。」 私はそれを聞くと、プランAだけを持って、神様は私を祝福した。 あなたはどうですか。イエス様についていくためにすべてを捨てるでしょうか。もしくはいつも振り返るでしょうか。 パウロの言葉を思い出しましょう。

13 うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、 14 キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。(ピりピ3:13-14)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中