列王記第一18章9-10、16-18ーー私たちの問題のために、神様と人々を責めること

エリヤが三年間雨が降らないと預言した時に、多分アハブが、エリヤをからかったと思う。多分、アハブがエリヤを本当に信じたら、牢に入れたでしょう。

でも、すぐに、アハブは、エリヤの預言が本当のことだと分かりました。そう分ったら、アハブは自分自身を飢饉のために責めていなかった。むしろ、エリヤを責めた。だから、アハブはイスラエルの中で、また、たくさんの王国にエリヤを探すために行きました。そして、他の王たちが「エリヤがここにいない」と言ったら、アハブは彼らに誓いをさせた。

エリヤがやっとアハブに会ったら、アハブの苦々しい思いをよく見ることができます。

これはおまえか。イスラエルを煩わすもの。(17)

でも、エリヤは正直に答えた。

私はイスラエルを煩わしません。あなたとあなたの父の家こそそうです。現にあなたがたは主の命令を捨て、あなたはバアルのあとについています。(18)

問題があったら、私たちはアハブのように、よく自分自身を見ずに、他の人々か神様を責める。自分の悪さを認めるよりも、他の人々を責めた方が簡単です。でも、そうすれば、あなたの問題を解決できないし、私たちは苦々しい思いをしてしまう。神様に対しても、他の人々に対しても、人生に対しても苦々しい思いをしてしまう。

あなたは、どうですか。あなたの決断と行動によって起こされた問題のために、他の人々か神様を責めているでしょうか。

アハブのようにならないでください。悔い改めてください。あなたの罪を認めてください。そうすれば、癒しが始まります。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中