列王記第一18章1-15節ーー不敬虔な世界に住んでいること

オバデヤ(預言者オバデヤと違う人)は大変な状態になっていました。

彼は、アハブの王宮を司どでっていた。もちろん、アハブはオバデヤを信頼した。でも、アハブ王は不敬虔な人だし、イスラエルを偶像礼拝に導いた。しかし、オバデヤは心を尽くして神様を愛していた。それでも、他の神様を愛している人と異なって、彼は、ユダに行かずに、イスラエルにずっと住み続けました。

どうしてでしょうか。私は分からないけど、彼を批判できない。アハブの妻イゼベルが神様の預言者たちを殺そうとした時に、オバデヤは100人の預言者をかくまって、パンと水で養った。

時々、私たちも理想な状態になっていません。つまり、私たちの周りの人々はクリスチャンじゃないです。例えば、あなたはクリスチャンになったけど、あなたの両親や、妻か夫や、同僚などはクリスチャンじゃないです。

そして、あなたはこう思います。「この状態は難しすぎて、逃げたいです。私はクリスチャンがたくさんいる所に逃げたいです。」

もちろん、もし、あなたが毎日ノンクリスチャンと一緒にずっといたら、クリスチャンの交わりが本当に大切です。でも、あなたの状態から、すぐに逃げないでください。神様はオバデヤを用いたように、神様は他の人々に影響を与えるためにあなたを用いることができる。

神様は私たちがこの世界から離れなさいと言ったけど、神様を信じない人から逃げるわけじゃないです。では、それはどういう意味でしょうか。

パウロはこう書いた。

この世と調子を合わせてはいけません。いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。(ローマ12:2)

そうすれば、私たちは人々に触れるようになって、良い影響を与えられる。

イエス様の祈りを思い出してください。イエス様は弟子たちのために祈ったけど、私たちのためにも祈りました。

14 わたしは彼らにあなたのみことばを与えました。しかし、世は彼らを憎みました。わたしがこの世のものでないからです。

15 彼らをこの世から取り去ってくださるようにというのではなく、悪い者から守ってくださるようにお願いします。

16 わたしがこの世のものでないように、彼らもこの世のものではありません。

17 真理によって彼らを聖め別ってください。あなたのみことばは真理です。

18 あなたがわたしを世に遣わされたように、わたしも彼らを世に遣わしました。

19 わたしは、彼らのため、わたし自身を聖め別ちます。彼ら自身も真理によって聖め別たれるためです。(ヨハネ17:14-19)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中