列王記第一17章17-24節ーー神様は私を罰しているだろうか

カルビンとホッブスCalvin and Hobbesというマンガが大好きです。ある話で、カルビン(6歳の男の子)はホッブス(ぬいぐるみのタイガー)をなくした。彼は、ずっと悲しんで「なぜ僕にこんな悲しいことが起こらなきゃならないの。何か悪いことをしたからかな?」と訊いていた。

結局、彼は神様に叫んだ。「もし僕が悪かったら、もう許してよ。」

(そのマンガをここで見ることができる。ごめんね。英語のしかない。)

この箇所に、ある女性は、そのようなことを叫んだ。このやもめは、エリヤを助けたけど、そのすぐ後で、彼女の息子が病気になって、亡くなった。

その時代、その状態は本当に大変だった。彼女の夫がもう亡くなっていたから、彼女が年寄りになったら、その息子が特に必要でした。

だから、彼女はエリヤに叫んだ。

神の人よ。あなたはいったい私にどうしようとなさるのですか。あなたは私の罪を思い知らせ、私の息子を死なせるために来られたのですか。(18)

どれぐらい、私たちは、そのようなことを言うでしょうか。悪いことが起こると、神様が私たちを罰していると思います。

でも、神様は、そのやもめを罰していなかった。むしろ、私たちは壊れた世界に住んでいるから、その息子が亡くなった。つまり、エデンでアダムが犯した罪の結果は死です。また病気です。全ては壊れた。

でも、神様がエリヤを通して、その息子に息を吹いて、命を与えたように、神様は私たちの絶望の状況に息を吹いて、私たちに希望を与えられる。

神様があなたの問題を取り除くかどうか分かりません。でも、取り除かなくても、神様は、あなたをその状態の中で、助けてくださいます。神様は、あなたを決して捨てないです。

神様は、あなたを罰しているでしょうか。あなたを懲らしめているかもしれない。だから、まず自分の心を探ってください。神様に「私の心の中に、罪があるでしょうか」と尋ねてください。もし、神様が、あなたに何かを示したら、すぐに悔い改めてください。そうすれば、神様はきっとあなたを赦します。

でも、もし、神様から何も聞かないと、自分自身を殴らないでください。私が知らない罪を犯したから、神様が私を罰していると思わないでください。

神様は、あなたを罰する機会を待っていないです。

神様は、あなたを愛している。神様は、あなたを助けて、あなたの状態から救います。だから、何が起こっても、神様の手に入ってください。そうすれば、この壊れた世界から受けた傷は癒されます。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中