列王記第一15章25節ー16章34節ーー誰についていくでしょうか。

この箇所を読むと、私は日本の政治の状況について考えます。私は1995年に日本に引っ越しました。その時から今まで、総理大臣が12人いた。それを見ると、日本では、あまり強いリーダーシップがなかったことが分かります。

イスラエルも、その通りでした。ユダの王アサが治めた時代に、イスラエルは王が7人いた。

アハブ王来る前に、一人だけが(バシャ)20年間治めた。一人は、7日間だけイスラエルを治めた。その時代、二人の王は暗殺されたし、一人は自殺した。でも、その7人は共通点があった。彼らは、ヤロブアムの模範に従った。(イスラエルは二つの国になった時に、ヤロブアムはイスラエルの最初の王になった。)

結果は?その王たち皆は悪かった。その中で、アハブは一番悪かった。

ユダはちょっとだけましでした。アサは人生の前半で神様に仕えた。その息子ヨシャパテは時々悪い決断をしたけど、ずっと神様に従った。その後で、ある王は良かったけど、ある王は悪かった。

私たちが自分に訊かなくてはならないのは、誰の模範に従うでしょうかということです。イスラエルの王たちはヤロブアムの模範に従った。だから、イスラエルは早く落ちて、追放された。イスラエルの王の中に、「良い王」一人もいなかったと思う。

しかし、あるユダの王たちはレハブアムの模範に従ったのに、ある王たちは神様に従った。その時に、神様は彼らを祝福した。

私のポイントは私たちには選択がある。不敬虔な人の模範に従う必要がない。

ある人は壊れた家族に育てられた。アメリカほど、日本では悪くないけど、そのような状態はだんだん増えている。子供のために酷い模範の父親もいます。そして、その子供はその父の背中を見て大きくなる。例えば父の不倫や、虐待を見て、その子供が成長したら、その父を真似する。

でも、あるユダの王たちは父の模範、つまり、父の罪を捨てたように、私たちもそうできる。

しかし、私たちは自分の力でできない。もし私たちがイエス様に向かって、「助けて下さい」と頼んだら、イエス様は私たちを変えて、癒してくださいます。

あなたは誰の模範に従っているでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中