伝道者の書9章11-16節ーー人生がフェアじゃない時に

「人生がフェアだと誰も約束した覚えはないよ。]

アメリカでは、誰かが人生の不公平について文句を言ったら、多くの人々は、そう返事する。なぜなら、それは真理ですから。人生は、そもそも不公平なものです。

この箇所で、ソロモンは、そう教えた。

一番早い人は、いつもレースに勝たない。一番強い人は、いつも試合に勝たない。一番賢くて、才能のある人は、いつも成功しない。なぜでしょうか。

ソロモンが書いたように、

すべての人が時と機会に出会うからだ。(11)

つまり、時々悪いことが起こるということです。いつ悪いことが起こるか私たちは全然分からない。

時々、機会があるかないかで人生は不公平です。また時々、人々のそれぞれの人格によって、私たちの人生は不公平です。ソロモンは、例を与えます。

14 わずかな人々が住む小さな町があった。そこに大王が攻めて来て、これを包囲し、これに対して大きなとりでを築いた。

15 ところが、その町に、貧しいひとりの知恵ある者がいて、自分の知恵を用いてその町を解放した。

すごいですね。じゃあ、その町の人々は、その賢い人のために何をしてあげたでしょうか。その人を尊敬したでしょうか。市長にしたでしょうか。その人を祝うためにパレードがあったでしょうか。いや、違います。むしろ、

だれもこの貧しい人を記憶しなかった。(15b)

時々、人生はフェアじゃないです。

人生がフェアじゃない時に、私たちはどうすればいいのでしょうか。

ここに、3つの選択肢があります。

1.苦々しい思いをする。

2.がっかりして、「しょうがないなぁ」と言う。

3.イエス様の例に従う。

イエス様について、ちょっと考えてください。全ての人よりも、イエス様は「人生がフェアじゃない」と言う権利があった。

イエス様は全然悪いことをしたことがなかったし、人々を世話したり、自分のニーズよりも他の人々のニーズについて考えました。自分の時間を人々にささげた。疲れても、一人でいたくても、もし、人々が来られたら、イエス様は彼らに仕えた。

それでも、結局、イエス様は裏切られたし、捨てられたし、十字架にかけられた。

でも、イエス様は苦々しい思いをしなかった。憤慨しなかった。「もう、しょうがない」と言わなかった。むしろ、イエス様は自分の人生を天の父の手に入れた。

天の父の心に従い続けたし、神様からの栄誉を求めた。それは、イエス様の優先順位だから、どんな状況でも、イエス様の喜びが取られなかった。むしろ、イエス様は人々を世話したり、愛したりして、彼らのために、十字架で死んだ。

人生はフェアじゃないです。壊れた世界に、壊れた人間と一緒にいますから。それはコントロールできないです。でも、私たちの反応は自分でコントロールできるものです。

この人生に、公平を求めないでください。見つけられないから。だから、イエス様のように、あなたの人生を天の父の手に入れてください。神様の心をし続けて、神様からの栄誉を求めてください。そうすれば、喜びと意味をアンフェアの世界に見つけられることでしょう。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 諸書, 旧約聖書, 伝道者の書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中