伝道者の書4章13-16–人気と出世の儚さ

数年前、あるアメリカン・フットボールの選手ティム・ティーボウは、本当に人気になりました。彼が、あまり良い選手じゃなかったけど、彼のリーダーシップによって、そのチームはある程度成功した。だから、多くのアメリカ人は、ティーボウが大好きでした。それに、彼はクリスチャンで、試合をやりながら、よく祈っていた。そして、多くの人々は彼を真似した。そのポーズは「ティーボイング」と呼ばれた。それも、人気になった。


images (1)images

 

 

 

 

 

でも、その次の年は、彼のチームは、もっと良い選手を得て、ティーボウをクビにした。彼は他のチームに移籍したけれど、結局、彼はもう一度、クビにされた。今、彼は、まだフットボールをやりたいのに、どのチームでも彼が欲しくないです。

私のポイントは?人気と出世は儚いことです。どんなに人気者になっても、会社で、どんなに出世しても、結局その人気と立場はなくなる。

この箇所において、ソロモンは、そう教えた。

最初に、王の例を与えた。その王は、自分の立場、また、自分のやったことを誇って、もはや、他の人々のアドバイスを聞かなくなった。だから、彼は馬鹿な決断をして、クーデターが起こって、別の人が王になった。

その次の王は、元は貧しい人だった。でも、彼は牢から出て、本当に人気の王になった。でも、結局、彼の人気も、なくなりました。

人気と出世は悪いことでしょか。そうではないです。イエス様はどっちもありました。彼は人気者になったし、彼のステータスも上がりました。でも、イエス様は、そのことが儚いと分かりました。つまり、人々が気まぐれだと分かりました。

イエス様が奇跡を行っている間は、本当に人気者になった。でも、ヨハネは、イエス様についてこう書いた。

24 しかし、イエスは、ご自身を彼らにお任せにならなかった。なぜなら、イエスはすべての人を知っておられたからである。

25 また、イエスはご自身で、人のうちにあるものを知っておられたので、人についてだれの証言も必要とされなかったのである。(ヨハネ2:24-25)

もちろん、イエス様は、その人々の愛と忠実さを疑って正しかった。ある日曜日、彼らは、イエス様を王として祝っていた。でも、その次の金曜日、彼らは「イエスを十字架に付けろ」と叫んだ。

だから、自分のステータスや人気に焦点を当てずに、天の父を喜ばせることに焦点を当てた。なぜなら、そうすれば、本当の喜びと満足が見つけられると分かっていたから。また、人々を喜ばせたら、その喜びと満足が見つけられないと分かりました。イエス様が喜んでいたのは、天の父が「これは、わたしの愛する子、わたしはこれを喜ぶ。]と言う事です。

あなたはどうですか。あなたの目的は人気者になる事でしょうか。もしくは、あなたの目的は出世する事でしょうか。それらは、儚いです。もし、それらを求めたら、一番大切なことを得られない。つまり、神様の承認をもらわない。

私たちの目的が人気か出世にならないように。むしろ、私たちの目的は、神様からこの言葉を聞くことです。「よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わたしの愛する子です。わたしはあなたを喜ぶ。」

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 諸書, 旧約聖書, 伝道者の書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中