伝道者の書4章4節ーー「食うか食われるかの世の中だ」の態度を持つ空しさ

「食うか食われるかの世の中だ。だから、他の人々に踏んでも、自分が成功するために何をしても良いです。」

多くの人々は、その態度を取っている。彼らは、人生が競争だと思います。相手の持ち物を見て、その物を欲しがるようになる。相手の成功を見て、羨ましくなる。

彼らは、いつも相手と比べたり、競争したりする。

実は、その態度によって、多くの人々は素晴らしいことを達成した。

でも、ソロモンは、その態度について何を言ったでしょうか。

私はまた、あらゆる労苦とあらゆる仕事の成功を見た。それは人間同士のねたみにすぎない。これもまた、むなしく、風を追うようなものだ。

どうして、その態度は空しいでしょうか。

なぜなら、その態度によって、神様が私たちのために望んでいる喜びと満足を見つけられないから。

その喜びの部分は、他の人々と一緒に働くことです。でも、もし相手といつも比べたり、競争したりしたら、あなたは、その喜びが理解できない。相手の成功を喜ばずに、妬みます。相手の成功のために応援せずに、相手を押し下げる。そのような態度によって、人間関係は壊れるし、職場の環境も本当に酷くなる。

それに、私たちの仕事は自己中心的になります。私たちは、神様が何をしたいことを考えずに、ただ自分たちがしたいことを考えます。そして、私たちは、神様の良いプランと目的から離れます。

神様は、自分の目的のために私たちを作りました。その目的が分かって、その目的のために生きるなら、本当の喜びが見つけられる。つまり、神様の国を広げるために働いたら、喜びが見つけられる。でも、神様の国の働きは何でしょうか。人々を愛して、触れることです。

でも、その人々と競争したり、妬んだりしたら、それができないのです。もし、そのような態度を持っているなら、神様の愛で彼らに触れないし興味がないです。むしろ、彼らを押し下げる。私たちは、自分自身の目的を達成するために彼らを踏みます。

その態度によって、この世においては成功するかもしれない。でも、神様からの喜びを決して知らない。そして、結局、私たちが達成したことは、空しくなります。

つまり、ある日、神様は、私たちに聞きます。「あなたは与えられた人生で、何をしましたか。 あなたの周りに、私が、たくさんの人々をおいたけど、何をしましたか。」

私たちが良い答えを与えられないなら、裁かれます。

あなたの答えは、何でしょうか。

仕事場で、あなたの態度は何でしょうか。神様の国をまず第一に求めていますか。周りの人々を大事にするでしょうか。それとも、あなたのキャリアと立場を第一に求めていますか。

「食うか食われるかの世の中だ」という態度を取ったら、結局、あなたの人生は空しくなる。

だから、神様の国をまず第一に求めましょう。そうすれば、あなたの仕事が楽しくなるし、充実します。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 諸書, 旧約聖書, 伝道者の書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中