伝道者の書2章12-16;3:11-21;8:7-15;9:1-9ーー私たちが死んだ後で、何もないなら。。。

伝道者の書を読むと、ソロモンの立場がすぐ分かります。ソロモンが本当に、その立場を取ったか、もしくは、神様から離れた人の立場を取ったか、私は分かりません。でも、彼が主張したのは、この人生しか、何もないという事です。あなたが死んだら、終わりです。何回も、2章にも、3章にも、8章にも、9章にも、そのようなことを言っていました。

時々、彼はそれを言って、絶望したみたいです。

15 私は心の中で言った。「私も愚かな者と同じ結末に行き着くのなら、それでは私の知恵は私に何の益になろうか。」私は心の中で語った。「これもまたむなしい」と。

16 事実、知恵ある者も愚かな者も、いつまでも記憶されることはない。日がたつと、いっさいは忘れられてしまう。知恵ある者も愚かな者とともに死んでいなくなる。(2:15-16)

また、

18 私は心の中で人の子らについて言った。「神は彼らを試み、彼らが獣にすぎないことを、彼らが気づくようにされたのだ。」

19 人の子の結末と獣の結末とは同じ結末だ。これも死ねば、あれも死ぬ。両方とも同じ息を持っている。人は何も獣にまさっていない。すべてはむなしいからだ。

20 みな同じ所に行く。すべてのものはちりから出て、すべてのものはちりに帰る。

21 だれが知っているだろうか。人の子らの霊は上に上り、獣の霊は地の下に降りて行くのを。(3:18-21)

もう一度、

7 何が起こるかを知っている者はいない。いつ起こるかをだれも告げることはできない。

8 風を支配し、風を止めることのできる人はいない。死の日も支配することはできない。この戦いから放免される者はいない。悪は悪の所有者を救いえない。。。

14悪者に対する報いを正しい人がその身に受け、正しい人の行いに対する報いを悪者がその身に受けることがある。これもまた、むなしい、と私は言いたい。(8:7-8、14)

最後に、

2 すべての事はすべての人に同じように起こる。同じ結末が、正しい人にも、悪者にも、善人にも、きよい人にも、汚れた人にも、いけにえをささげる人にも、いけにえをささげない人にも来る。善人にも、罪人にも同様である。誓う者にも、誓うのを恐れる者にも同様である。

3 同じ結末がすべての人に来るということ、これは日の下で行われるすべての事のうちで最も悪い。だから、人の子らの心は悪に満ち、生きている間、その心には狂気が満ち、それから後、死人のところに行く。(9:2-3)

この考え方によって、ソロモンは「どうしようもない」態度を取ってしまった。だから、彼の結論は、「できるだけ、この人生を楽しんでください。」(3:12-13、22;8:15;9:7-10)

もちろん、この人生を楽しんだ方がいいです。神様からの快楽を楽しんだ方がいいです。嬉しくなった方がいいです。良いことをした方がいいです。結婚を楽しんだ方がいいです。食べたり、飲んだり、仕事を楽しんだり、した方がいいです。

でも、この地上の人生は、すべてじゃないです。死は終わりじゃないです。だから、この世に悪を見ても、正義が来ると確信できる。この世に、痛みと苦しみを見ても、癒しが、きっと来ると確信できる。また、私たちの決断によって、永遠の報いが来ると確信できる。つまり、この世に、私たちの行動のために、神様は永遠の報いを与える。

パウロが書いたように、

6 神は、ひとりひとりに、その人の行いに従って報いをお与えになります。

7 忍耐をもって善を行い、栄光と誉れと不滅のものとを求める者には、永遠のいのちを与え、

8 党派心を持ち、真理に従わないで不義に従う者には、怒りと憤りを下されるのです。(ローマ2:6-8)

ソロモンは、こう言いました。

神はまた、人の心に永遠を与えられた。(伝道者の書3:11)

つまり、人々は、死に直面すると、「これが終わりだと信じられない。これが終わりだと信じたくない。」と叫びます。

ある人々は、そう言うけど、結局、絶望します。

他の人々は、ソロモンのように「どうしようもない」態度をとって、できるだけ、今人生を楽しもうと思います。

でも、どうして、神様は、人の心に永遠を与えられたでしょうか。なぜなら、神様は、人々が神様に飢えて、求めることを望むから。もし、私たちがそうすれば、自分の壊れた人生が癒されるし、苦しみの中に平和をもらうし、この世にも、永遠にも、素晴らしい人生を生きることができる。

だから、絶望を感じる必要はないです。「どうしようもない」態度をとる必要はないです。この地上の人生よりも、素晴らしいことがあるから、喜ぶことができる。

あなたは、どうですか。

この人生しか何もないと思って、絶望しているでしょうか。すべてが空しいと思うから、「どうしようもない」態度を取っているでしょうか。

神様を求めてください。そうすれば、希望を見つけるし、あなたの人生の意味を見つける。

イエス様の約束をいつも思い出してください。

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3:16)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 諸書, 旧約聖書, 伝道者の書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中