列王記第一11章14-41;歴代誌第二9章29-41–神様は私たちを懲らしめる時に

神様は私を罰しているでしょうか。時々、辛い時に、人々はその質問を訊きます。

実は、多くの場合、私たちが自分のせいで辛い時を経験すると思う。つまり、私たちの悪い行動によって、大変なことが起こります。それは当然だと思う。

パウロが言ったように、

人は種を蒔けば、その刈り取りもすることになります。(ガラテヤ6:7)

時々、私たちが神様に背を向けたら、神様は私たちが大変なことを経験することを許す。でも、その時、神様の目的は、その悪い経験を通して、私たちの人生の中に結局良いことが起こることです。つまり、私たちが罪に背を向けて、もう一度神様に向かうことです。

神様は、ソロモンを懲らしめるために内国の敵(ヤロブアム)と外国の敵(ハダデとレゾン)を起こされた。でも、神様が、ソロモンの懲らしめについて、何を言ったか見てください。

何年か前、神様はソロモンの父ダビデに言った。

14 わたしは「ソロモン」にとって父となり、彼はわたしにとって子となる。もし彼が罪を犯すときは、わたしは人の杖、人の子のむちをもって彼を懲らしめる。

15 しかし、わたしは、あなたの前からサウルを取り除いて、わたしの恵みをサウルから取り去ったが、わたしの恵みをそのように、彼から取り去ることはない。

16 あなたの家とあなたの王国とは、わたしの前にとこしえまでも続き、あなたの王座はとこしえまでも堅く立つ。(第二サムエル記7:14-16)

神様が言ったのは、もし、ソロモンが悪いことをしたら、神様が彼を懲らしめるけど、ソロモンを愛することを止めないことです。

だから、列王記第一11:39に、神様は言った。

このために、わたしはダビデの子孫を苦しめる。しかし、それを永久に続けはしない。

二つのことに気づくべきです。

一つ目は、私たちが罪を犯したら、神様は、私たちを懲らしめることです。でも、もし私たちが悔い改めたら、神様は、いつも私たちを責めないです。むしろ、私たちを赦す。

ダビデは書いた。

主は、絶えず争ってはおられない。いつまでも、怒ってはおられない。(詩篇103:9)

二つ目は、私たちが、罪を犯しても、神様は、私たちを愛することを止めないことです。

あなたは、悪いことをして、「神様は私を罰している」と思うかもしれない。やっぱり、神様は、あなたを懲らしめているかもしれない。でも、思い出してください。神様は、私たちの利益のために、私たちを懲らしめる。神様は、あなたが罪を犯すために待っていない。 神様にとって、あなたを罰することは、楽しいことじゃないです。むしろ、神様は、あなたを愛している。また、あなたの最善を望みます。

へブル人への手紙の著者はこう書いた。

5 そして、あなたがたに向かって子どもに対するように語られたこの勧めを忘れています。「わが子よ。主の懲らしめを軽んじてはならない。

6 主はその愛する者を懲らしめ、受け入れるすべての子に、むちを加えられるからである。」

7 訓練と思って耐え忍びなさい。神はあなたがたを子として扱っておられるのです。父が懲らしめることをしない子がいるでしょうか。

8 もしあなたがたが、だれでも受ける懲らしめを受けていないとすれば、私生子であって、ほんとうの子ではないのです。

9 さらにまた、私たちには肉の父がいて、私たちを懲らしめたのですが、しかも私たちは彼らを敬ったのであれば、なおさらのこと、私たちはすべての霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。

10 なぜなら、肉の父親は、短い期間、自分が良いと思うままに私たちを懲らしめるのですが、霊の父は、私たちの益のため、私たちをご自分の聖さにあずからせようとして、懲らしめるのです。

11 すべての懲らしめは、そのときは喜ばしいものではなく、かえって悲しく思われるものですが、後になると、これによって訓練された人々に平安な義の実を結ばせます。(へブル12:5-11)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中