列王記第一8章22-53;歴代誌第二12-42ーー神様の宮のための祈り

私はソロモンが宮のための奉献の祈りを読むと、私たちも神様の宮として、祈らなくてはならないことを見る。

最初は、ソロモンは、その宮が正義のある場所になるように祈った。つまり、もし二人の人々が争ったら、神様がその宮で正義を与えるように祈りました。

そのように、人々が私たちの判断を信頼することができるように、私たちの人生が敬虔でなければなりません。そして、争っている人々が私たちに相談したら、私たちは正義を与えるために、神様の知恵のために祈らなくてはならない。

ソロモンがもう一つ祈ったのは、もし人々は罪を犯して苦しんだら、もし悔い改めたら、神様が彼らを赦して、癒すことです。

そのように、私たちは神様の宮だけど、時々罪を犯す。ソロモンが言ったように、

罪を犯さない人間はひとりもいない。(列王記第一8:46)

だから、私たちは、その罪が分かると、すぐに謙遜に神様の前に来て、悔い改めて、赦しのために祈らなくてはならない。そうすれば、神様は赦して下さいます。

次に、ソロモンはイスラエル人が試練を経験したら、神様がその民の祈りを聞くように祈りました。もちろん、時々、イスラエル人の罪によって時々彼らは苦しんだ。だけど、時々自分のせいじゃなくても、彼らは苦しんだ。例えば、飢饉や地震や他の天災を経験した。だから、ソロモンが祈ったのは、神様が彼らの祈りを聞いて、助けてくださることです。

私たちも試練に直面する。時々、それは私たちのせいです。時々、私たちのせいじゃないです。私たちは壊れた世界に住んでいるから。だから、その時にも、神様の癒しのために祈るべきです。

そして、ソロモンが祈ったのは、もし外国人は神様について聞いたので、宮に来て祈ったら、神様がその祈りを聞くことです。そして、彼らが神様を誉めて、自分の国に帰ると、その国に神様についての知識を広げるように祈った。(列王記第一8:41-43)

そのように、時々キリストを知らない人は私たちに「私のために祈ってください」と頼むかもしれない。その時、彼らが神様の存在が分かって、神様を誉めて愛するようになるように、私たちは「神様、この祈りを聞いて下さい」と祈るべきです。そして、彼らは神様の関係を持って、その良い知らせを周りの人々に伝える。

ソロモンの次のリクエストは、神様が戦争の時に、助けてくださることです。(44-45)

私たちも戦いがある。でも、その戦いは血肉に対するものじゃないです。むしろ、その戦いは、

主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ6:12)

だから、私たちは神様の助けのために祈るべきです。誘惑と戦う時に、また、福音をサタンの国に持っていく時に、勝利のために祈るべきです。

最後に、私たちは神様の宮として、こう祈るべきです。

この[宮]に、夜も昼も御目を開いてくださって、あなたのしもべ[の]祈りを聞いてください。(列王記8:29)

主よ、あなたの宮として、ダビデのような祈りを祈ります。知恵が必要する人々が私の所に来て、あなたの知恵を求めるように、私の人生が光になりますように。

また、人々が祈りのために私の所に来る時に、その祈りを聞いて下さい。そして、その答えによって、彼らがあなたに近づいて、周りの人々にあなたの愛を広げるように。

主よ、私が罪を犯す時に、赦して下さい。私はよく罪に落ちる。この宮を汚す罪から清めてください。

そして、私はこの霊的な戦争を戦うと、あなたが私の剣と盾になりますように。あなたの国のために、この世界に影響を与えたいです。

私に夜も昼もあなたの目を開いてください。私の祈りを聞いて下さい。

私の神よ。新しい契約の力によって、つまり、キリストの血の力によって、私を清めて、私があなたの休み所になりますように。私に入ってください。あなたの復活の力が私に住むように。あなたの祭司として、私たちの身に救いをまとわせてください。また、あなたの聖徒たちにいつくしみを喜ばせてください。

あなたは私たちを地上の民から区別してご自身のものとされたのです。また、 あなたは、私たちを暗やみの圧制から救い出して、あなたの驚くべき光の中に導いた。あなたに聖霊様をそそがれた私たちの顔を退けないでください。私たちに対するあなたの愛を永遠に思い起こしてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中