列王記第一8章1-11;歴代誌第二5章ーー宮になるのには

ソロモンは本当に美しい宮を建てました。多分その時代まで、イスラエルの歴史にもっと美しい建物というのは全然なかった。

でも、美しくても、その宮は、ただの建物でした。そして、神様は来た。

列王記第一8章10-11節にこう書いてあります。

10 祭司たちが聖所から出て来たとき、雲が主の宮に満ちた。

11 祭司たちは、その雲にさえぎられ、そこに立って仕えることができなかった。主の栄光が主の宮に満ちたからである。

宮は、いったい何でしょうか。宮は神様が住んでいる場所です。また、神様の栄光が輝く場所です。神様がいらっしゃらないと、ただ空いている建物です。

どうして私たちが神様の宮だと呼ばれているでしょうか。私たちの美しいうわべじゃないんです。つまり、私たちが細くても、太くても、背が高くても、小さくても、賢くても、そんなに賢くなくても、きれいでも、そうでもなくても、才能があっても、なくても、全然かまわない。じゃあ、何のことによって、私たちが神様の宮だと呼ばれているでしょうか。

神様の臨在と栄光が私たちの中にある事によって、私たちは神様の宮になります。

つまり、私たちがクリスチャンになると、神様は私たちの心の中に入って、神様の栄光が私たちから輝きます。そのことによって、私たちが神様の宮だと呼ばれています。

あなたは自分自身を見ると何を見るでしょうか。神様の宮を見るでしょうか。もしくは普通の建物を見るでしょうか。神様はあなたを神様の宮として見ます。あなたは神様の住まいです。あなたを通して、神様は自分自身の栄光を表したいです。そして、周りの人々は、それを見ると、神様に近づきます。

そのことを忘れないでください。この真理について考えながら、私たちはイスラエル人のように神様の前に跪いて、宣言しましょう。

主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで。(歴代誌第二7:2)

主よ。あなたは私をあなたの宮にしました。私が私自身をあなたの宮として見るように助けてください。私の中に住んでください。あなたの栄光が私から輝くように。そして、私を通して、周りの人々があなたに近づくように祈ります。本当にあなたは慈しみ深いです。あなたの恵みはとこしえまでです。感謝します。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第二 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中