列王記第一3-4章ーー私たちの賜物は誰のためでしょうか

私たち皆は神様から賜物をもらいました。でも、時々、その賜物が誰のために使うべきか忘れるのは簡単です。その賜物は私たちのためのものではないのです。また、私たちの栄光のためではありません。むしろ、神様の国のために人々に仕えるためにその賜物を使うべきです。

この箇所によれば、ソロモンはそうしました。二人の女性たちが喧嘩した時に、ソロモンは神様からもらった知恵によって正義を与えた。

また、ソロモンの治世によって、イスラエル人は栄えた。列王記4章20に、こう書いてあります。

ユダとイスラエルの人口は、海辺の砂のように多くなり、彼らは飲み食いして楽しんでいた。

もう一つのことが私の印象に残っている。ソロモンは自分の賜物を使って、その賜物を活かすためによく働いた。33節にこう書いてあります。

彼はレバノンの杉の木から、石垣に生えるヒソプに至るまでの草木について語り、獣や鳥やはうものや魚についても語った。

神様がその情報をソロモンの脳に入れたわけじゃないと思う。むしろ、ソロモンは、このことをよく観察したので、神様は洞察力を与えた。

でも、一番大事なことは、ソロモンは学んだことを他の人々に教えた。彼は三千の箴言を書いたし、自分の知恵と知識をイスラエル人だけに教えせずに、世界中の人々にその知恵と知識を教えた。そのことによって、神様は栄光をもらいました。

あなたはどうですか。どんな賜物があるでしょうか。その賜物をよく使っているでしょうか。他の人々のために、また神様の国のために使っているでしょうか。そうすれば、あなたも神様に栄光を与える。神様からもらった賜物を通して、私たちがこの世に光になりますように。イエス様が言ったように、

このように、あなたがたの光を人々の前で輝かせ、人々があなたがたの良い行いを見て、天におられるあなたがたの父をあがめるようにしなさい。(マタイ5:16)

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中