列王記第一2章10-12節;歴代誌第一29章26-30;使徒の働き13勝36節ーー私たちの目的を達成すること

これはダビデについての最後の脚注です。でも、パウロはこの脚注を私たちに与えた。その時、ピシデヤのアンテオケで、パウロはユダヤ人たちにイエス様の死と復活について話した。そのメッセージの中で、パウロはダビデについて言っていた。

ダビデは、その生きていた時代において神のみこころに仕えて後、死ん「だ」。(使途の働き13:36)

もし私が亡くなったら、皆がそのようなことを私について言ってほしい。

ブルースはその生きていた時代において神のみこころに仕えて後、死んだ。

私たちはダビデの人生について読んで、ダビデの良い時も、悪い時も、ダビデの成功も、ダビデの失敗も見ました。また、ダビデの神様に対する愛を見たし、ダビデの酷い罪を見ました。

でも、結局、パウロはダビデについて言いました。

ダビデは神様のみこころに仕えた。

私はもう。。。歳です。神様の御心だったら、私はまだたくさんの年が残っている。私は良い時もあったし、悪い時もあったし、成功した時もあったし、失敗した時もあったし、神様を心をつくして愛した時もあったし、罪に落ちた時もありました。私は死ぬまで、そのような経験が続くはずです。

でも、天国に神様にやっと会うと、すべてのことよりも、一つのことが欲しいです。それは、神様が私に「よくやったよ。あなたは忠実なしもべでしたよ。私が頼んだことのすべてをあなたはしました。」と言うことです。

神様が私たち皆にそう言えるように。

私の人生が終わると
私の人生について、
私たちの周りの人々は、結局何を思い出すだろうか。

彼らは私が家族を愛したと言うだろうか。
私が忠実な友達だったと言うだろうか。
私が神様の御子について伝えるために生きたと言うだろうか。
結局何を言うだろうか。

彼らは私がイエス様の帰りを望んだと言うだろうか。
私が救い主の顔と微笑みを見て、
「よくやった」と聞きたかったと言うだろうか。
結局何を言うだろうか。

ーージェフ·ムーア

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 列王記第一, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中