歴代誌第一29章10-20ーーすべての物はどこから来たか

ある日、私はスポーツのドキュメンタリーを見た。アメリカン・フットボールの選手ランダル・カニングハムについてでした。彼はクリスチャンだけど、本当に彼の信仰は試された。

彼は引退した後で、牧師になった。そして、自分の家の裏庭に、プールとスパがありました。カニングハムのスパの中でたくさんの人々が洗礼を受けた。

でも、ある日、カニングハムとその妻は出かけて、彼らの友達がカニングハムの二歳の息子と一緒に留守番した。カニングハムは帰ると、その息子がスパで溺れたことを知りました。

ドキュメンタリーに、カニングハムは興味深いことを言いました。彼が言ったのは、「私の息子の人生は神様からの賜物でした。神様は一時的にくれたけど、神様は、神様の目的と理由で彼を取り戻した。」

この箇所を読むと、そのドキュメンタリーとカニングハムの言葉を思い出させられた。ダビデの言葉はカニングハムの言葉に似ていた。ダビデとイスラエル人は神様の宮を建てるために自分の物を捧げた。その物に関して、ダビデは言った。

14 まことに、私は何者なのでしょう。私の民は何者なのでしょう。このようにみずから進んでささげる力を保っていたとしても。すべてはあなたから出たのであり、私たちは、御手から出たものをあなたにささげたにすぎません。。。

16 私たちの神、主よ。あなたの聖なる御名のために家をお建てしようと私たちが用意をしたこれらすべてのおびただしいものは、あなたの御手から出たものであり、すべてはあなたのものです。

ダビデとカニングハムは同じことを認めた。私たちの持ち物のすべては、神様から来ることです。私たちがもらったすべての良いものは神様から来た。だから、ダビデは喜んで、そのものを神様に返した。なぜなら、その物は神様の物だったから。彼にとって、お金や宝物は一時的なものでした。それに、彼の人生も一時的なことだと認めた。

15節で、ダビデは言った。

 私たちは、すべての父祖たちのように、あなたの前では異国人であり、居留している者です。地上での私たちの日々は影のようなもので、「ずっとこの世界に住む」望みもありません。

時々、人々は「どうして、献金を捧げるべきでしょうか。神様はそれが必要がないでしょう?」と訊きます。

もちろん、神様は私たちのお金は要らないです。神様が別に私たちのお金が欲しくないと思う。でも、神様が欲しいのは私たちの心です。神様は私たちの優先順位を知りたいです。私たちにとって、お金が一番大切な物でしょうか。もしくは神様は私たちの一番でしょうか。

ダビデは祈った。

17 私の神。あなたは心をためされる方で、直ぐなことを愛されるのを私は知っています。私は直ぐな心で、これらすべてをみずから進んでささげました。今、ここにいるあなたの民が、みずから進んであなたにささげるのを、私は喜びのうちに見ました。

神様は私たちが与えることを頼だんら、私たちの心を試している。私たちが与えても、与えなくても神様は私たちの動機を試す。私たちは喜んで与えるでしょうか。私たちの物が神様から来たか分かるでしょうか。もし、与えないなら、なぜでしょうか。もしくは、この世界の物を愛しすぎるでしょうか。

カニングハムの信仰が本当に素晴らしいと思う。今でも、その同じスパで、人々は洗礼を受ける。ドキュメンタリーで、ナレーターは言った。「彼の息子が亡くなったスパで、人々は生まれ変わっています。」

カニングハムの信仰が試された。お金を持つはチャレンジじゃなかった。自分の息子を持つことが、彼にとってはチャレンジでした。多くの人々はその状態で「なぜ」と訊きます。多くの人々は苦々しい思いをする。でもカニングハムはそうしなかった。

むしろ、この人生が神様の賜物と認めた。それは一時的な賜物です。だから苦々しい思いをせずに、感謝深い心で、神様にその息子を返しました。

あなたはどうですか。あなたの物がどこから来たか分かりますか。そして、あなたの人生に、神様の主権と認めるでしょうか。

ダビデは歌った。

11 主よ。偉大さと力と栄えと栄光と尊厳とはあなたのものです。天にあるもの地にあるものはみなそうです。主よ。王国もあなたのものです。あなたはすべてのものの上に、かしらとしてあがむべき方です。

12 富と誉れは御前から出ます。あなたはすべてのものの支配者であられ、御手には勢いと力があり、あなたの御手によって、すべてが偉大にされ、力づけられるのです。

そして、彼は歌った。

13 今、私たちの神、私たちはあなたに感謝し、あなたの栄えに満ちた御名をほめたたえます。

あなたも、毎日、そのような忠実で感謝深い心がありますように。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中