歴代誌第一28章ーー神様の宮になる事

この箇所で、ダビデはソロモンとイスラエルのリーダーたちに話した。私はダビデの言葉を見ると、神様が私たちに何を言っているか考えます。つまり、私たちが神様の宮になることに関して、神様は何を言っているか考えます。

まず、神様は私たちが宮になるために私たちを選んだと言います。ダビデは、どうやって神様がダビデをイスラエルの王になるために選んだか話した。つまり、イスラエルの部族からユダの部族を選んだ。そして、ユダ部族から、ダビデの家族を選んだ。最後に、ダビデの兄弟たちから、神様はダビデを選んだ。

そして、6節で、ダビデは神様の言葉を思い出した。

あなたの子ソロモンが、わたしの家とわたしの庭を建てる。わたしが彼をわたしの子として選び、わたしが彼の父となるからだ。

そのように、時間が始まる前に、神様は私たちを神様の子供たちになるために選んだ。それだけではなくて、神様の宮を建てるために私たちを選んだ。つまり、神様は私たちの人生が神様の宮になるために選んだ。パウロはこう書いた。

4 すなわち、神は私たちを世界の基の置かれる前から彼にあって選び、御前で聖く、傷のない者にしようとされました。

5 神は、みむねとみこころのままに、私たちをイエス・キリストによってご自分の子にしようと、愛をもってあらかじめ定めておられました。

6 それは、神がその愛する方にあって私たちに与えてくださった恵みの栄光が、ほめたたえられるためです。(エペソ人1:4-6)

この歴代誌の箇所を読むと、もう一つのことが気づきます。それは、神様は宮のために具体的な計画があった。ダビデは言った。

これらすべては、私に与えられた主の手による書き物にある。彼は、この仕様書のすべての仕事を賢く行う。(19)

そのように、神様は私たちのために計画があります。ダビデはこう書いた。

あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。(詩編139:6)

ダビデが与えられた宮の計画と異なって、私たちは自分の人生のために具体的な計画を与えられなかった。例えば、誰と結婚するか、どこに住むか、私たちは分からない。でも、聖書によって、私たちのための神様の御心が一般的に分かります。そして、私たちが神様を求めて、その言葉に従うと、神様はもっと具体的に私たちを導いて下さいます。

だから、ダビデはソロモンに言った。

今あなたはあなたの父の神を知りなさい。全き心と喜ばしい心持ちをもって神に仕えなさい。主はすべての心を探り、すべての思いの向かうところを読み取られるからである。もし、あなたが神を求めるなら、神はあなたにご自分を現される。(9)

そして、ダビデがソロモンに言ったように、神様は私たちに言います。

強く、雄々しく、事を成し遂げなさい。恐れてはならない。おののいてはならない。神である主、私の神が、あなたとともにおられるのだから―。主は、宮の奉仕のすべての仕事を完成させてくださる。(20)

パウロは、このように言いました。

12 そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順であったように、私がいるときだけでなく、私のいない今はなおさら、恐れおののいて自分の救いの達成に努めなさい。

13 神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行わせてくださるのです。(ピリピ2:12-13)

私が以前言ったように、神様の宮を建てるのには、私たち自身の力でするべきじゃないです。私たちが神様の宮になるために、神様は私たちにすべての必要なものを与えてくださった。つまり、神様は私たちに聖霊を送りました。聖霊は私たちを導いて下さいます。それに、聖霊は私たちに変わる力を与えるし、私たちが神様のようになるように、私たちの中に働いている。

だから、強く、雄々しく生きてください。失敗するときに、がっかりしないでください。神様は、あなたの心を探っている。あなたが神様の宮になりたいことを知っている。神様はあなたを助けて下さいます。だから、神様を求め続けてください。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中