歴代誌第一23-27章ーーキリストにあって、私たちの役割

歴代誌の著者は名前のリストを書くのが大好きみたいです。この箇所で、私たちはたくさんのリストを見ることができる。

この箇所は神様の宮を建てる人々の役割についてです。でも、私はこれを読むと、私たちが学べることがあると思います。

23章で、レビ人の役割が変わりました。砂漠を超えた時、彼らの役割は幕屋と幕屋の物を運ぶことでした。でも、その必要がもうなかったから、彼らは祭司たちを手伝い始めた。多分、沙漠でも、祭司たちを手伝ったけど、この箇所で、彼らの責任はもっと具体的に書いてあります。時々、その責任が小さかったけど、彼らは忠実にした。

そのように、私たち皆は神様の国の中で役割があります。私たち皆は牧師じゃないです。私たち皆は賛美のリーダーじゃないです。でも、私たちは自分の才能と賜物があります。神様の器、また、神様の宮として、私たちはその才能と賜物を使わなくてはならない。時々、私たちの役割は変わります。時々私たちの責任が小さいと思います。でも、忠実に主に仕えましょう。

24章は祭司たちについてです。彼らは宮で主と民に仕えるべきでした。そのように、私たちも祭司たちです。(第一ペテロ2:5;黙示1:6) そして、私たちは神様の祭司として神様と周りの人々に仕えるべきです。

25章はミュージシャンと歌手についてです。主に仕える一つの方法は礼拝です。私たちは礼拝する時に、神様に祝福します。古い英語の聖歌で、「私たちの心が礼拝し始めると、私たちは祝福される。」と書いてあります。

それは本当のことだけど、私はよくその歌詞を変える。私は歌います。「私たちの心が礼拝し始めると、あなたは祝福される。」

なぜなら、それは賛美の目的だから。私が祝福されるためじゃないです。むしろ、神様を祝福するためです。

それに、私たちの礼拝によって、ほかの人々に祝福することができる。三節で、エドトンという人は賛美しながら預言した。そのように、私たちが歌いながら、その言葉は周りの人々に影響を与えることができる。また、その曲によって、周りの人々は神様の臨在を感じることができる。

26章は門衛についてです。歴代誌第一9章17-33によると、彼らはいろいろな責任があった。一つの責任は門を守ることです。つまり、「汚れたもの」が入らないようにチェックした。そのように、私たちも、汚れたものが入らないように、自分の心を守らなくてはならない。

それに、門衛たちは宝物倉を泥棒から守らなくてはならなかった。そのように、サタンは私たちのイエス様にある喜びと祝福を盗みたいです。だから、私たちの心を守らなくてはならない。

27章で宮があるエルサレムを守る軍隊についてです。これを読むと、私たちが霊的な戦いに入っていることを思い出しましょう。だから、誰かが神様の国と戦ったら私たちがその国を守らなくてはならないし、サタンの国を攻撃しなくてはならない。つまり、私たちは福音を伝えなくてはならない。そうすれば、サタンの囚人を開放できる。

しもべ、祭司、歌手とミュージシャン、門衛、と兵士。それに、神様の宮です。キリストにあって、私たちはそのすべてです。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中