歴代誌第一22章ーー神様のために宮を建てること

第一

ダビデは自分のために宮殿を作ると、神様がまだ幕屋に住んでいると思い浮かびました。(もちろん、神様は本当に幕屋に住んでいなかったけど、幕屋が神様の臨在を表した。)

だから、ダビデは宮を建てることを計画し始めた。でも、神様はダビデを止めて、「あなたの息子が、その宮を建てます」と言いました。

数年後、ダビデは亡くなる前にその準備を始めた。宮を作らなかったけど、宮を建てるために、すべての材料を集めたかった。

この箇所を見ると、私たちが覚えるべきことがあります。それは、神様の宮はもはやビルじゃないです。私たちは神様の宮です。神様は私たちの中に住んでいる。第一コリント6:19に、こう書いてあります。

あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。

私たちはそのことを思いながら、神様の宮を建てることについて、つまり、生きている宮になる事について覚えていなくてはならないことがあります。

最初に、ダビデはソロモンに言った。

主のために建てる宮は、全地の名となり栄えるように大いなるものとしなければならない。(5)

そのように、神様は私たちが素晴らしいものになることを望みます。なぜなら、周りの人々が私たちを見ると、感動するようになりますから。そして彼らは言います。「きっと、神様はその人の中に本当に住んでいる。その人は他の人と本当に違う。」

そして、私たちを通して、人々は神様の栄光と素晴らしさを見ることができて、神様に近づきたいと考えるようになります。

二つ目は、宮を作りたいなら、心を尽くして神様に従わなくてはならないことです。ダビデはソロモンに言った。

12 ただ、主があなたに思慮と分別を与えて、あなたをイスラエルの上に任命し、あなたの神、主の律法を守らせてくださるように。

13 主がイスラエルについてモーセに命じれらたおきてと定めをあなたが守り行うなら、あなたは栄える。強くあれ、雄々しくあれ、恐れてはならない。おののいてはならない。

三つ目は、時々、私たちは罪と戦う時に、がっかりするかもしれない。もしくは、サタンが私たちを攻撃して、私たちはがっかりする。そして、私たちは、「もう神様の宮になることは無理だから諦める。」と思います。

でも、ダビデはソロモンに言った。

強くあれ、雄々しくあれ、恐れてはならない。おののいてはならない。(13b)

どうやって、強くなって、雄々しくなることができるでしょうか。どうやって、恐れや失望と戦うことができるでしょうか。

二つのことを覚えていてください。一つ目は、私たちが神様の宮になるために、神様は必要なものを私たちに与えてくださることです。

ダビデが、困難な中にも、主の宮のために材料を集めたように、イエス様は自分の困難を通して、私たちが神様の宮になるために、必要なものを与えてくださった。つまり、十字架で、私たちの罰を受けてくださった。

だから、ペテロは言った。

3 というのは、私たちをご自身の栄光と徳によってお召しになった方を私たちが知ったことによって、主イエスの、神としての御力は、いのちと敬虔に関するすべてのことを私たちに与えるからです。

4 その栄光と徳によって、尊い、すばらしい約束が私たちに与えられました。それは、あなたがたが、その約束のゆえに、世にある欲のもたらす滅びを免れ、神のご性質にあずかる者となるためです。(第二ペテロ1:3-4)

つまり、私たちの力で、神様の宮を作るべきじゃないです。むしろ、神様は私たちの中に働いて、聖なる人生を生きるために力を与えてくださいます。

二つ目は、神様が私たちを手伝う人々を与えてくださったことです。彼らはその宮を作ることを手伝います。ダビデがイスラエルのリーダーたちにソロモンに手伝ってあげることを命令したように、神様は私たちに互いに手伝い合うことを命令した。へブル人への手紙の著者はこう書いた。

24 また、互いに勧め合って、愛と善行を促すように注意し合おうではありませんか。

25 ある人々のように、いっしょに集まることをやめたりしないで、かえって励まし合い、かの日が近づいているのを見て、ますますそうしようではありませんか。(へブル10:24-25)

私たちは神様の宮です。私たちが国々に神様の栄光を示す宮になるように。特に私たちが周りの人々に神様に栄光を示すように。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中