詩篇32篇 – 告白の必要 

いつダビデがこの詩篇を書いたか分からないけど、詩篇51篇と同じテーマだから、今この詩篇について書きます。

ダビデは罪を隠したことがあって、なかなか眠れなかった。多分、ダビデの良心はささやいた。「あなたは悪かった。あなたは罪を犯した。」

3 私は黙っていたときには、一日中、うめいて、私の骨々は疲れ果てました。

4 それは、御手が昼も夜も私の上に重くのしかかり、私の骨髄は、夏のひでりでかわききったからです。

もし、ダビデがバテ・シェバの事件について書いていたら、この詩篇はダビデのナタンに対する反応を説明する。寝づらくて、良心によって心が苦しんでいたから、ナタンが来る時に、ダビデはすぐに、砕かれた霊で告白した。「私は罪を犯した。」(第二サムエル記12:13)

詩篇32篇を読むと、私たちは神様がダビデを罰していたと思うかもしれない。でも、私はそれを読むと、その個所が神様の愛を示すと思う。

神様はその苦しみを通して、ダビデに言っていた。「私はあなたの罪をよく知っているよ。私はあなたを愛しているから、その罪に休むことを許せない。その罪によってあなたは滅びるから。だから、あなたの罪を認めて、告白しなさい。

ダビデは、その罪を告白すると、神様の赦しと憐れみと恵みを見つけた。彼は書いた。

5 私は、自分の罪を、あなたに知らせ、私の咎を隠しませんでした。私は申しました。「私のそむきの罪を主に告白しよう。」すると、あなたは私の罪のとがめを赦されました。

そして、振り返ると、ダビデは言えました。

1 幸いなことよ。そのそむきを赦され、罪をおおわれた人は。

2 幸いなことよ。が、咎をお認めにならない人、その霊に欺きのない人は。

あなたはどうですか。あなたの心の中で、罪を隠しているでしょうか。ダビデのように、あなたの良心によって、あなたは苦しんでいるでしょうか。それを無視しないでください。そうすれば、結局、あなたの良心の叫びをもう気づかないようになるかもしれない。その結果、あなたの状況はもっと酷くなります。

ダビデは書いた。

9 あなたがたは、悟りのない馬や騾馬のようであってはならない。それらは、くつわや手綱の馬具で押さえなければ、あなたに近づかない。

10 悪者には心の痛みが多い。しかし、に信頼する者には、恵みが、その人を取り囲む。

主よ、あなたは愛によって私をいつも見ている。私の悪いことも良いことも見る。私にあなたの知恵を与えてください。私が行くべき道を教えてください。私が悟りのない馬と驢馬のようにならないように。むしろ、私が羊のように、あなたがどこに行っても、あなたに従うように助けてください。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中