詩篇51篇ーー悔い改めの祈り

聖書で、ダビデは二回悔い改めなくてはならなかった。一つ目はバテ・シェバの事件でした。二つ目はダビデがイスラエル人を数えた時に。

その後で、ダビデは二つの詩篇を書いた。詩篇51篇はバテ・シェバの事件に関する詩篇でした。

でも、悔い改めは何でしょうか。クリスチャンたちは、その言葉をよく使うけど、どういう意味でしょうか。

1.悔い改めは自分の罪を認めることです。

ダビデは書いた。

まことに、私は自分のそむきの罪を知っています。私の罪は、いつも私の目の前にあります。(3)

ダビデは、ずっと自分の罪を隠そうとした。自分の心の中で、「私の行動はあまり悪くなかった。」と思った。でも、もうその罪を隠すことができなかった。正直に「私は罪を犯した」と認めなくてはならなかった。

2.悔い改めは私たちが神様に対して罪を犯したことを認めることです。

もちろん、ダビデはウリヤに対して罪を犯した。でも、それよりも、ダビデは神様に対して罪を犯した。

時々、私たちは言います。「私の罪は他の人を傷つけなかった。私だけが影響を受けた。」

でも、私たちは罪を犯すと神様を悲しませる。ダビデは、そのことが分かったから、これを書いた。

私はあなたに、ただあなたに、罪を犯し、あなたの御目に悪であることを行いました。(4)

3.悔い改めはあなたが神様の道と裁きが正しいと認めることです。

「この場合は例外ですよ」と言う余地がないです。

「あなたは厳しすぎる」と文句言う余地がないです。

むしろ、悔い改める時に、私たちは言います。「あなたは正しいです。私は悪かった。」

ダビデはこう書いた。

それゆえ、あなたが宣告されるとき、あなたは正しく、さばかれるとき、あなたはきよくあられます。(4b)

4.悔い改めはあなたが神様の憐みに頼ることです。

あなたが有罪で、死に値し、あなたの救いが神様の憐みに頼ることを認めることです。

だから、ダビデは祈った。

神よ。御恵みによって、私に情けをかけ、あなたの豊かなあわれみによって、私のそむきの罪をぬぐい去ってください。。。 私をあなたの御前から、投げ捨てず、あなたの聖霊を、私から取り去らないでください。。。 神よ。私の救いの神よ。血の罪から私を救い出してください。(1,11,14節)

5.悔い改めは赦しのために頼むことです。

ダビデは頼んだ。

どうか私の咎を、私から全く洗い去り、私の罪から、私をきよめてください。。。 ヒソプをもって私の罪を除いてきよめてください。そうすれば、私はきよくなりましょう。私を洗ってください。そうすれば、私は雪よりも白くなりましょう。。。御顔を私の罪から隠し、私の咎をことごとく、ぬぐい去ってください。。。 神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。(2,7,9-10節)

6.悔い改めは神様が心の変化を望むことを認めることです。言葉と犠牲だけが足りないことを認めることです。

多くの場合、人々は悔い改めの祈りを言うけど、心から祈らない。彼らは自分の罪を告白するけど、変わる予定がない。彼らにとっては、神様の恵みは汚い足をふくマットでしかありません。でも、ふきながら、彼らは次の罪を考えている。

もしくは、彼らはちょっと「犠牲」をささげる。教会で献金をささげたり、チャリティのために良いことをしたり、誰かのために良いことしたりする。彼らは自分の悪い行動を良い行動によって消すことができると思います。でもダビデは書いた。

16 たとい私がささげても、まことに、あなたはいけにえを喜ばれません。全焼のいけにえを望まれません。

17 神へのいけにえは、砕かれた霊。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。

砕かれた霊は罪に関して軽く考えない。悔いた心は次の罪について考えない。むしろ、ダビデのように、その人は祈ります。

あなたに喜んで従う霊を与えてください。(12節 – 英語のNLTの翻訳から)

あなたはどうですか。あなたの悔い改めの祈りは言葉だけでしょうか。もしくは、あなたの罪を本当に認めるでしょうか。あなたの罪が神様を悲しませることが分かりますか。あなたの惨めさが分かって、神様の憐みを求めるでしょうか。また、罪を憎んで、罪と戦うでしょうか。そして、神様の助けのために頼むでしょか。それは悔い改めです。

あなたの心はどうですか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中