第二サムエル記24章;歴代誌第一21章ーー罪の結果

これはちょっと難しい箇所です。つまり、第二サムエル記24章と歴代誌21章と比べると、違いがある。

歴代誌第一21章によると、

サタンがイスラエルに逆らって立ち、ダビデを誘い込んで、イスラエルの人口を数えさせた。(1節)

しかし、第二サムエル記24章によると、

さて、再び主の怒りが、イスラエルに向かって燃え上がった。主は「さあ、イスラエルとユダの人口を数えよ」と言って、ダビデを動かして彼らに向かわせた。(1節)

どうやって、その二つの箇所を説明できますか。矛盾していますね。実は私にも分からない。ところが、列王記第一22章19-22を読むと、ヒントがあるかもしれない。その個所に、イスラエルの歴史の中で一番悪い王を見る。その王はアハブという人でした。そして、神様の御心はアハブが死ぬことです。だから、神様は訊いた。

だれか、アハブを惑わして、攻め上らせ、ラモテ・ギルアデで倒れさせる者はいないのか。(20節)

そして、ある霊(たぶん悪霊)は答えた。

私が出て行き、彼のすべての預言者の口で偽りを言う霊となります。(22)

だから、神様はその霊に許可を与えたので、結局アハブは死んだ。

多分このダビデの話で、同じようなことが起こりました。イスラエル人は罪を犯したから、神様が彼らを罰したかった。だから、神様はサタンにダビデを誘惑する許可を与えて、ダビデが自分のプライドに負けて、人口を数えた。そして、その罪によって、またほかのイスラエル人の罪によって神様は彼らを罰した。

これは本当に分かりにくい箇所です。最初に読むと、神様が不公平みたいです。なぜなら、神様はダビデに罪を犯させたでしょう?

でも、その考え方は間違っている。神様はダビデに罪を犯させなかった。神様はサタンにダビデを誘惑する許可を与えたけど、ダビデ自身が、罪を犯すかどうか決めなくてはならなかった。そして、ダビデは罪を犯すことを選択した。

ヤコブは書いた。

13 だれでも誘惑に会ったとき、神によって誘惑された、と言ってはいけません。神は悪に誘惑されることのない方であり、ご自分でだれを誘惑なさることもありません。

14 人はそれぞれ自分の欲に引かれ、おびき寄せられて、誘惑されるのです。

15 欲がはらむと罪を生み、罪が熟すると死を生みます。(ヤコブ1:13-15)

つまり、私たちの心の中の悪によって、私たちは誘惑される。私たちが良い人だけど、神様は私たちに悪を入れたわけじゃないです。私たちが悪い心を持って、誘惑はその悪を引き出します。でも、思い出さなくてはならないのは、私たちの選択によって、悪が出る。

サタンがダビデを誘惑する前に、ダビデの心の中にはプライドがありました。サタンはただそのプライドを引き出した。そのプライドは罪を生んだ。そして、その罪が熟すると死を生みました。

なぜなら、罪の結果は死ですから。悲しいけど、死と破壊は罪の結果です。

神様にとっては、罪は本当に深刻なことです。罪を罰しなくてはならない。でも、いい知らせがあります。それは、神様はその代価をもう払ったことです。

ダビデは彼の罪のためにいけにえをささげたときに、その必要なもの(土地と牛)を所有者から買おうと思った。

でも、その所有者は言った。「すべてを王に差し上げます。」

(多分、剣を持っている天使を見て怖がって、それを言ったかもしれない。)(歴代誌第一21:20,27)

しかし、ダビデは答えた。

いいえ、私はどうしても、代金を払って、あなたから買いたいのです。費用もかけずに、私の神、、主に、全焼のいけにえをささげたくありません。(第二サムエル記24:24)

神様は同じようなことを言いました。「私は費用をかけずにいけにえを捧げない。代価が必要です。」

だから、神様は人間として、この世に来て、私たちの罪のために死んでくださった。その死によって、神様は罪の結果のために永遠に払ってくださった。死の剣がさやに納めて、神様は誰にも永遠の命を提供する。

ローマ6:23で、こう書いてある。

罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中