第二サムエル記22章;詩篇18篇– 私たちを聞く神、私たちを助ける神、私たちに力を与える神

「神様はどこでしょうか。」

時々、試練の中で、私たちはそう訊きます。

「神様は私を見ているでしょうか。私を聞くでしょうか。」

ダビデも、そのように感じたことがあったと思う。でも、自分の人生を振り返ると、ダビデは、この詩篇を書いた。その時、ダビデはどれぐらい神様がダビデを守って、祝福したか分かりました。彼は書いた。

5 死の波は私を取り巻き、滅びの川は、私を恐れさせた。

6 よみの綱は私を取り囲み、死のわなは私に立ち向かった。(第二サムエル記22:5-6)

ダビデはサウルとアブシャロムのことについて考えていたかもしれない。また、ダビデはある戦いについて考えていたかもしれない。その日、イシュビ・ベノブというペリシテ人は力尽きたダビデに「今、あなたを殺す」と言っていた。ダビデが本当に怖がっていたと思う。でも、アビシャイはダビデを助けて、そのペリシテ人を殺した。それは、ダビデの最後の戦いでした。(第二サムエル記21:16-17)

だから、ダビデは歌った。

7 私は苦しみの中にを呼び求め、わが神に叫んだ。主はその宮で私の声を聞かれ、私の叫びは、御耳に届いた。。。

17 主は、いと高き所から御手を伸べて私を捕らえ、私を大水から引き上げられた。

18 主は、私の強い敵と、私を憎む者とから私を救いだされた。彼らは私より強かったから。

19 彼らは私のわざわいの日に私に立ち向かった。だが、は私のささえであった。

20 主は、私を広い所に連れ出し、私を助け出された。主が私を喜びとされたから。(第二サムエル記22:7,17-20)

私はこの言葉を見ると、どうやって神様が私たちを罪から救ったかを思い出す。私たちの罪によって私達は死に値していた。でも、私たちが神様に叫んでいた時に、神様は私たちを聞いて、その大水から私たちを引き上げてくださった。私たちが自分自身を救うことができない時に、神様は私たちを救って、広いところに連れて出してくださった。私たちが神様が必要だと理解する前に、神様は人間として、この世界に来て、私たちの罪のために死んでくださった。

そして、ダビデのように、私たちは言える。

2 主はわが巌、わがとりで、わが救い主、

3 わが身を避けるわが岩なる神。わが盾、わが救いの角、わがやぐら。私を暴虐から救う私の救い主、私の逃げ場。(第二サムエル記22:2-3)

神様は私たちを救うだけではなくて、私たちが戦う時に神様が力を与えてくださる。ダビデは書いた。

33 この神こそ、私の力強いとりで。私の道を完全に探り出される。

34 彼は私の足を雌鹿のようにし、私を高い所に立たせてくださる。(第二サムエル記22:33-34)

神様は私たちを救った後で、「じゃあ、自分自身の力で生きなさい」と言わない。むしろ、私たちがこの人生を生きている間に、神様は私たちと共に歩いて、助けてくださいます。鍵は私たちが神様に目を留めて、謙遜に従うことです。

ダビデは言った。

26 あなたは、恵み深い者には、恵み深く、全き者には、全くあられ、

27 きよい者には、きよく、曲がった者には、ねじ曲げる方。

28 あなたは、悩む民を救われますが、高ぶる者に目を向けて、これを低くされます。(第二サムエル記22:26-28)

ペテロも書いた。

6 ですから、あなたがたは、神の力強い御手の下にへりくだりなさい。神が、ちょうど良い時に、あなたがたを高くしてくださるためです。

7 あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。(第一ペテロ5:6-7)

あなたは悲しんで、神様が本当にいるか、あなたを愛しているかどうか訊いているでしょうか。ダビデの歌を思い出してください。あなたの心の中で歌ってください。ダビデを助けた神はあなたを助ける。だから謙遜に、神様に従い続けてください。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中