第二サムエル記21章1-14 – 情熱はあるけど、間違っている

情熱があるのは良いことです。特に、神様とその民のために何かをする時に、情熱があるのは本当に良いことです。私たちが神様に対する愛によって何かすると、神様はとても嬉しいです。ただし。。。

ただし?

そうなんです。例外があります。つまり、神様は私たちの情熱そのものには興味がない。私たちが正しいことをすることを望みます。そして、情熱によって、私たちが悪いことをすると、神様は喜ばない。

これはこの話のポイントです。2節にこう書いてあります。

ギブオンの人たちはイスラエル人ではなく、エモリ人の生き残りであって、イスラエル人は、彼らと盟約を結んでいたのであるが、サウルが、イスラエルとユダの人々への熱心のあまり、彼らを打ち殺してしまおうとしたのであった。

ヨシュアの時代に、ギブオン人たちはイスラエル人を欺いて平和条約を作りました。(ヨシュア記9章)。騙されても、イスラエル人はその条約を守らなくてはならなかった。でも、サウルはイスラエル(と神様?)への熱心によってギブオン人を殺してしまおうとした。1節によると、サウルの家族もたくさんのギブオン人を殺したようです。

だから、イスラエルは三年間の飢饉があった。ダビデが、サウルとその家族の罪を解決してから、その飢饉は終わりました。

しかし、クリスチャンの歴史の中で、このような問題を見ることができる。例えば、十字軍とスペイン異端審問所はクリスチャンの汚名です。多くの人々は神様への熱心があったけど、酷いことをしてしまった。

今でも、そのような問題を見ることができる。それは暴力的なことだけではないです。たくさんのカルトの信者は神様への熱心があります。例えば、モルモン教とか、エホバの証人です。彼らは宣教旅行に行って、たくさんの人と神様について話します。でも、彼らの教えは間違っている。だから、神様は彼らの活動を喜ばない。

毎年、たくさんの人々はイエス様が今年戻ると信じて、自分の持ち物を売ったり、仕事を辞めたりして、主のために待ち望みます。彼らも熱心があるけど、間違っている。

問題はなんでしょうか。パウロはその答えを与えます。

 私は、彼らが神に対して熱心であることをあかしします。しかし、その熱心は知識に基づくものではありません。(ローマ書10:2)

この箇所で、パウロはイスラエル人について話している。彼らは律法によって神様の前に義と認められるように努力していた。彼らも、熱心があったけど、間違っていた。

でも、パウロの言葉は一般の真理です。もし、知識による熱心がなければ神様を喜ばせない。むしろ、神様は全然喜ばない。

真理はどこから来るでしょうか。神様の御言葉から来る。

だから、自分に訊かなくてはならないことはこうです。「どれぐらい、私は神様の言葉を知っているでしょうか。神様の御心を知らずに、情熱があるでしょうか。」

そう訊かないと、ある日、あなたは神様の前に立って、神様に誉められるはずなのに、神様の叱りを聞きます。

あなたの熱心は知識に基づくものではないでしょうか。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中