詩篇63篇ーー砂漠の恋歌

ダビデはよく砂漠にいました。サウルから逃げた時も、アブシャロムから逃げた時も、砂漠に行っていた。多分、ダビデはアブシャロムから逃げた時に、この詩篇を書いた。

砂漠の中で、ダビデは疲れて、おなかが空いて、喉が渇いた時に、ダビデは書いた。

1 神よ。あなたは私の神。私はあなたを切に求めます。水のない、砂漠の衰え果てた地で、私のたましいは、あなたに渇き、私の身も、あなたを慕って気を失うばかりです。

つまり、「神様、私はおなかが空いて、のどが渇いているけど、それよりも、あなたに渇き、あなたを慕います。

ダビデの宮殿があるエルサレムに、ダビデは幕屋で、神様を礼拝することができたけど、沙漠で、幕屋がなかった。だから、それを慕って、ダビデは書いた。

2 私は、あなたの力と栄光を見るために、こうして聖所で、あなたを仰ぎ見ています。

でも、沙漠にいても、アブシャロムから逃げても、また幕屋から遠くても、ダビデは歌った。

3 あなたの恵みは、いのちにもまさるゆえ、私のくちびるは、あなたを賛美します。

4 それゆえ私は生きているかりぎ、あなたをほめたたえ、あなたの御名により、両手を上げて祈ります。

私たちが恋人についていつも考えるように、ダビデは神様について書いた。

6 ああ、私は床の上であなたを思い出し、夜ふけて私はあなたを思い出します。

それに、ダビデは神様と親しい関係があったから、試練の中でも、神様の愛によって慰められました。

7 あなたは私の助けでした。御翼の陰で、私は喜び歌います。

8 私のたましいは、あなたにすがり、あなたの右の手は、私をささえてくださいます。

あなたはどうですか。神様のための熱い心があるでしょうか。あなたの魂は神様を慕っているでしょうか。神様を愛して、寝る時にも、あなたは自然に神様について考え始めますか。

「Everything」という曲が大好きです。神様についての曲かどうか分からないけど、あるクリスチャンはこの曲を書いた。そして、その歌詞はこの詩篇に似ている。

私をここで見つけて、私と話してください。
あなたを感じたい。あなたの声を聞くのが必要です。

私がまた平和を見つけられる場所に導く光はあなたです。
私が歩き続ける力はあなたです。

私が信頼し続ける希望はあなたです。
あなたは私の魂の光。

あなたは私の目的です。
あなたは私のすべてです。

あなたのそばにいる時、
私はいつも感動している。

この素晴らしい一瞬よりも、私の人生はどうやってもっと素晴らしくなれるでしょうか。
あなたは嵐を静めて、平和を与える。

あなたの手に私を持っている。
私が倒れないように守ってくれる。

あなたは私の心を奪って、
あなたを見て、私にアッと言わせる。

私を受け入れてください。
この関係をもっと親しくしてください。

あなたのそばにいる時、
私はいつも感動している。

なぜなら、私が望むことはあなただけからです。
私が必要のはあなただけです。
あなたは私のすべてです。
私のすべてです。

ーーLifehouse

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 詩篇, 諸書, 旧約聖書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中