第二サムエル記16章1-14--忍耐

英語では、「忍耐」というのは「Patience」と言います。でも、英語には他にも、いろんな表現があります。一つは「Longsuffering」です。つまり、「長く苦しむことです。」

ダビデは本当に長く苦しんでいた。

ダビデの息子はダビデの王位を取ってしまったし、ダビデの議官はダビデを裏切ったし、またダビデの友人の息子もダビデを裏切ろうとしていたし、そして、このサウル王の親戚はダビデを呪い始めた。ダビデと同じ状態だと、たくさんの人々は罪に落ちると思います。

ダビデの甥アビシャイは言った。

この死に犬めが、王さまをのろってよいものですか。行って、あの首をはねさせてください。(9)

でも、愛している親しい人々からいろんな傷を受けても、またこの知らない人から侮辱を受けても、ダビデは怒りによって行動しなかった。

むしろ、ダビデは言った。

11 見よ。私の身から出た私の子さえ、私のいのちをねらっている。今、このベニヤミン人としては、なおさらのことだ。ほうっておきなさい。彼にのろわせなさい。主が彼に命じられたのだから。

12 たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。

人々があなたを傷つけたら、あなたはどう反応するでしょうか。あなたは返して彼らを傷つけようとするでしょうか。

もしくは、その痛みを離すでしょうか。神様の手に委ねるでしょうか。

それは簡単なことじゃないです。

私はその場合、黙った方がいいと言わない。できるだけ、その人と和解することを努力したほうが良いです。それは無理かもしれない。ダビデの場合は無理でした。なぜなら、和解のために、相手も和解を求めなくてはならないから。でも、パウロが言ったように、

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。(ローマ12:18)

和解できないのであれば、あなたの傷を神様に委ねてください。あなたが相手を許せるように祈って、また、知恵のために祈って下さい。つまり、相手に関して、どうしたら良いか訊いてください。

そして、イエス様のようになりましょう。

ののしられても、ののしり返さず、苦しめられても、おどすことをせず、正しくさばかれる方にお任せになりました。(第一ペテロ2:23)

 

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中