第二サムエル記14章ーー正義と哀れみ

ダビデは難しい問題に直面した。息子アブシャロムを愛していた。でも、アブシャロムはそのお兄さんアムノンを殺しました。なぜなら、アムノンはアブシャロムの妹のタマルをレイプしたから。アムノンは、もちろん悪かったけど、アブシャロムも罪を犯したから、イスラエルから、追放された。

でも、第二サムエル記13章39節でこう書いてあります。

ダビデ王はアブシャロムに会いに出ることはやめた。アムノンが死んだので、アムノンのために悔やんでいたからである。

どうやって正義と哀れみのバランスを取られるでしょうか。残念なことだけど、ダビデはよく分からなかった。

ヨアブのアドバイスによって、ダビデはアブシャロムの追放を終わらせたけど、アブシャロムがダビデに会うことを許さなかった。だから、アブシャロムは、もっと怒るようになって、その心から、恨みが浮かんでいだ。アブシャロムは言った。

なぜ、私をゲシュルから帰って来させたのですか。あそこにとどまっていたほうが、まだ、ましでしたのに。(14:32)

結局、ダビデはアブシャロムと和解できた。でも、悪いことに正義が無視された。

神様も、そのような問題に直面した。私達を愛していたけど、アブシャロムのように、私たちが自分の罪によって神様の臨在から追放された。どうやって、神様の愛と聖なる性格のバランスが取られるでしょうか。どうやって、正義と哀れみのバランスを取られるでしょうか。

神様は私達を愛して、方法を見つけた。ヨアブがダビデに遣わした女の人の言葉が大好きです。

私たちは地面にこぼれて、もう集めることのできない水のようなものです。神は死んだ者をよみがえらせてはくださいません。どうか追放されている者を追放されたままにしておかないように、ご計画をお立てください。(14:14)

英語の翻訳はちょっと違います。最後の部分はこう書いてあります。

神様は追放されている者を追放されたままにしておかないように、ご計画を立てます。

神様の計画は何でしたか。イエス・キリストの十字架です。2000年前に、イエス様は、この世に来て、私達の罪のために十字架で死なれた。つまり、イエス様は私達の罰を受けました。その働きによって、神様は私達と和解できた。ペトロはこう書きました。

キリストも一度罪のために死なれました。正しい方が悪い人々の身代わりとなったのです。それは、肉においては死に渡され、霊においては生かされて、私たちを神のみもとに導くためでした。(第一ペテロ3:18)

イエス様の死によって正義が行われた。そして、今、だれでも哀れみをもらうことができる。ヨハネはこう書いた。

しかし、「イエス」を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。(ヨハネ1:12)

あなたはどうですか。神様の赦しと哀れみをもらいましたか。

主よ。私は罪を犯した。アブシャロムのように、私は死に値する。でも、イエス様は私の罪のために死んで、よみがえられたことを信じます。私の罪を赦して下さい。あなたの子になりたいです。あなたとの関係を望みます。あなたに私を近づけてください。イエス様の皆によって祈ります。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: キリスト教のメッセージ, 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中