第二サムエル記13章–父として失敗する事

罪を犯すと、多くの場合、私たちが計画していない結果が起こる。

この箇所で、私たちは、その真実を見ることができる。

ダビデはバテ・シェバと寝て、姦淫を犯した。それに、その主人を殺した。もし、その前に、ダビデが、自分の家族がどういう結末を迎えるのか知っていたら、まだその罪を犯したでしょうか。

英語では、諺があります。「この親にして、この子あり」。つまり、子供は親の例に従う。

ダビデの息子アムノンはそうしました。お父さんのように、アムノンは女性を見て、自分の情欲を制することができなかった。だから、酷い罪を犯した。つまり、姉妹タマル(異母姉妹)をレイプした。

ダビデは、アムノンにとって、悪い例でした。どうやって自分の情欲を制するか全然教えていなかった。さらに、もう一つのことで失敗しました。ダビデはアムノンの罪について聞いたけれど全然何もしなかった。

21節で書いてあるのは、ダビデは怒ったことです。でも、それだけ書いてあります。ダビデは何もしなかった。

結果は何だったでしょうか。タマルのお兄さんアブシャロムの心の中に、アムノンとダビデに対しての怒りと恨みの種が蒔かれた。

だから、アブシャロムはアムノンを殺したし、結局ダビデの王位を取ろうとした。

どうして、ダビデは何もしなかったでしょうか。私は分からない。アムノンは長男だったからかもしれない。でも、もう一つの理由があったかもしれない。

ダビデはこう思ったかもしれない。「私も失敗した。バテ・シェバと寝て、その主人を殺した。どうやって、アムノンを罰することができるだろうか。」

でも、アムノンを罰しなくて、ダビデは本当に失敗した。

親として、私たちは神様からの責任をもらった。つまり、子供を育てること。正直に、私はその資格を持っていると感じない。私はよく、どうやって娘を育てた方がいいか、苦しんでいる。

でも、良い例になる責任があるし、正しいことを教える責任があるし、時々彼女を躾ける責任がある。だから、神様の助けのために祈ります。

あなたはどうですか。あなたは、どのような親でしょうか。あなたは子供に対して、良い例でしょうか。彼らを躾けているでしょうか。正しいことを教えているでしょうか。そうしないと、私たちは子育てを失敗する。また、神様からの責任を失敗する。

神様、私は親として、弱いと感じる。親として、私はよく失敗する。だから、私が良い親になることを助けてください。私がちゃんと娘を躾けることを助けてください。また彼女がどうっやってあなたと親しい関係ができるか教えることを助けてください。あなたは私のお父さんです。私がそのような親になるように助けて下さい。アーメン。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中