第二サムエル記11章;歴代誌20章1節ーー私たちが心を頑なにすると

今日は、ダビデの最低の状態を見る。アメリカでは、ノン・クリスチャンがダビデについて考えると、二つの事件を思い出す。ゴリアテとの戦い。また、バテ・シェバと不倫すること。一つはダビデの最高の勝利。一つはダビデの最低の失敗。

いったいどうやって、この神様の心にかなう人は、そんな最悪の事態に陥ったのでしょうか。なぜなら、彼は自分の心を頑なにしてしまったから。

以前言ったように、この罪の種は、その前に蒔かれていました。神様がイスラエル人の王に命令されたのは、多くの女性と結婚するなということです。でも、ダビデは、その戒めを無視して、何人かの女性と結婚した。その態度によって、この箇所の問題が出た。

ちょっと想像してください。もし、ダビデが若い時から、神様の戒めに従ったら、どうなったでしょうか。まだ罪を犯したかもしれないけど、もし若い時に、その誘惑と戦ったら、つまり、ずっと情欲と戦ったら、バテ・シェバを見ると、多分誘惑から逃られたかもしれない。

でも、ダビデは、ほかのミスもしました。第二サムエル記と歴代誌第一によると、王たちが出陣するころ、ダビデはエルサレムにとどまっていた。ダビデの軍隊とその将軍は出陣したけど、ダビデは家にとどまっていた。

つまり、自分の国を守らずに、また、神様が「取りなさい」と命令した土地を取らずに、ダビデは自分の家で寛いでいた。

英語のことわざは、「怠け者の頭は悪魔の仕事場」ということです。ダビデの場合はその通りでした。

私たちがするべきことをしないと、むしろ、ずっと寛ぐと、私たちは誘惑に脆弱になります。

インターネットのポルノに関して、男性たちは、その真理がよく分かると思います。どれぐらい、私たちは退屈して、インターネットを見始めて、罪に落ちるでしょうか。

ダビデは、もっとミスした。ダビデは屋上からバテ・シェバが体を洗っていることを見た。すぐに自分の部屋に戻らずに、ダビデはそこで立って見続けた。そして、バテ・シェバについて尋ねた。ダビデがすぐに分かったのは、バテ・シェバがダビデの30人の勇士の一人の娘だったことです。それに、彼女はダビデの議官アヒトフェルの孫でした(第二サムエル記23:34)。それに、彼女は30人の勇士の一人ウリヤの妻でした。

それでも、ダビデは自分の心を頑なにして、バテ・シェバを呼んで、一緒に寝た。

そして、バテ・シェバが妊娠すると、ダビデは自分の罪を認めずに、その罪を隠そうとした。ウリヤを呼んで、戦争がうまくいっているかどうか尋ねた。そのあとで、ダビデは言った。「じゃあ、どうぞ、家に帰ってください。疲れたでしょう?じゃあ、リラックスしてください。」

もちろん、ダビデの希望はウリヤがバテ・シェバと寝ることです。でも、ウリヤは帰らなかった。ダビデが「どうして」と尋ねると、ウリヤは答えた。

神の箱も、イスラエルも、ユダも仮庵に住み、私の主人ヨアブも、私の主人の家来たちも戦場で野営しています。それなのに、私だけが家に帰り、飲み食いして、妻と寝ることができましょうか。あなたの前に、あなたのたましいの前に誓います。私は決してそのようなことをいたしません。(第二サムエル記11:11)

ダビデはそれを聞くと、その心が刺されたかもしれない。ウリヤがダビデに本当に忠実だったのに、ダビデはウリヤの妻と寝たし、そのことについてウリヤを騙そうとした。

そして、ダビデはウリヤを騙すことができなかったので、ウリヤを殺して、バテ・シェバと結婚した。

将軍ヨアブがダビデにウリヤの死について伝えることを見ると、私たちはダビデの心の状態が良く見える。ダビデは言った。

このことで心配するな。剣はこちらの者も、あちらの者も滅ぼすものだ。(第二サムエル気11:25)

ダビデの心は本当に冷たかった。

どうやって、神様の民は罪に落ちるでしょうか。私たちが心を頑なにするときです。私たちの心が硬くなれば硬くなるほど、私たちの心は冷たくなる。そして、私たちの心が冷たくなればなるほど、私たちの罪は、ますます悪くなる。

あなたはどうですか。自分の心を罪に対して頑なにするでしょうか。そうすれば、ダビデのように罪に落ちる。ダビデは多分そのような罪を決して犯さないと思ったかもしれない。あなたも、それを思うかもしれない。でも、私たちが心を硬くすると、私たちもダビデのようになるかもしれない。本当に酷い罪を犯すかもしれない。

どれぐらい、あなたはクリスチャンのリーダーが罪に落ちることを聞いたでしょうか。もし、彼らが失敗するなら、私たちも失敗する可能性があります。だから、私たちの心を守って、神様に対して柔らかくするようにしましょう。

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中