第二サムエル記9章ーー神様の恵み

聖書を全部読み通したことがあるし、この箇所を何回も読んだことがあるけど、今日初めて見たことがある事があるます。3節で、ダビデは言った。

サウルの家の者で、まだ、だれかいないのか。私はその者に神の恵みを施したい。

印象に残っている言葉は、「神様の恵み」ということです。ダビデはただ「そのものに恵みを施したい」と言わなかった。彼は「神様の恵み」を与えたかった。

多分、ダビデは自分の人生に神様の恵みを覚えていた。彼は末っ子だったし、貧しい羊飼いだったし、全然大切な人じゃなかったのに、神様がダビデを選んで祝福した。だから、ダビデはヨナタンのためにサウルの家の者を祝福したかった。

メフィボシェテという人はヨナタンの息子でした。でも、サウルの子孫として、ダビデの王位に脅威になったかもしれない。だから、メフィボシェテは、多分、「私が殺される」と思った。実は、彼はずっと大変な人生があった。ヨナタンが殺された日に、事故があって、メフィボシエテの足は不自由になった。

でも、ダビデはメフィボシェテを殺さずに、神様の恵みを与えた。サウロの土地をメフィボシェテに戻したし、メフィボシェテの生涯、ダビデと一緒に食事した。

神様の恵みは何でしょうか。その恵みは私たちが値しないものです。私たちは救いに値しないです。神様の賜物に値しないです。でも、神様はそれを与えてくださった。それは恵みです。

私たちは罪のために罰に値する。死に値する。でも、神様は私たちを赦してくれた。神様は私たちが値するものを与えない。それは憐みです。それは神様の親切さです。

あなたは神様の親切さを周りの人々に与えるでしょうか。神様から恵みと憐れみを受けたように、あなたは家族と友達と同僚と隣人に与えるでしょうか。

ダビデのように、私たちはこの世界に神様の親切さを与えましょう。その愛と恵みによって、この世界に影響を与えましょう。

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中