第二サムエル記5章11-12;歴代誌第一14章1-2–神様の栄光と国と民のため

ずっと逃亡者として生きていた後で、ダビデはやっと全イスラエルの王になりました。その一つの印は、ダビデのために宮殿が建てられた。その王座に座っていて、ダビデは分かりました。

主が彼をイスラエルの王として堅く立て、ご自分の民イスラエルのために、彼の王国を盛んにされた。(第二サムエル記5:12)

ダビデが分かったのは、神様がダビデの目的のためにダビデを王にしなかったことです。むしろ、神様の目的のためにダビデを王にした。そして、その民がダビデに仕えるために、神様はダビデを王にしなかった。むしろ、ダビデがその民に仕えるためにダビデを王にした。

私たちは、そのことが分かっているでしょうか。つまり、神様は自分の子供としてあなたを選んだ。また、自分の国に、神様はあなたのポジションを立てました。でも、それは、あなたの栄光のためではなくて、神様の栄光のためです。あなたが自分の国を立てるためではなくて、むしろ、神様の国を立てるためにそうしました。また、あなたの立場は、ほかの人々があなたに仕えるためではなくて、むしろ、あなたはほかの人々に仕えるためです。

私たちは、その真実が分からないと、神様の私たちのための目的が分からなくなります。たくさんのクリスチャンは自己中心です。ただ自分のこと、自分の立場、自分の栄光について考えます。私もその考え方があります。でも、私たちの人生は自己中心じゃないべきです。むしろ、私たちの人生は神様中心、また、神様の目的中心であるべきです。

あなたは誰に仕えるでしょうか。誰の栄光を求めているでしょうか。誰のために生きているでしょうか。

ある曲の歌詞が大好きです。

あなたの栄光のため、
あなたの国のため、
あなたの名前のために私はここにいる。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中