第二サムエル記5章1-5;歴代誌第一11章1-11ーー神様のために待つこと

私は待つのが大嫌いです。店で、レジの列で待つのが嫌いです。交差点で待つのが嫌いです。病院で待つことでも、嫌いです。

だから、ダビデの態度がよく分からない。想像できない。つまり、ユダヤ人の歴史家ヨセフスによると、ダビデは10歳の時に、サムエルに油を注がれた。その時、サムエルは言った。「あなたは次のイスラエルの王になる。神様は、あなたを選んだ。」

10歳だったら、ユダの王になるまで、20年間待たなくてはならなかったし、全イスラエルの王になるまで、27年間待ちました。

ダビデは、ずっと待っていました。それだけではなくて、待っていた間に、いろんな試練を経験した。最初は、イスラエルのヒーローになったのに、すぐに逃亡者になった。何回も、ダビデは殺されると思った。

それにしても、良い時でも、悪い時でも、疑いがあっても、ダビデは神様を待ち望むことを諦めなかった。

ダビデは二回、神様を待ち望まずに、王になるのに、何かする機会があった。つまり、サウルを殺す機会が二回あった。でも、そうせずに、ダビデは神様を待ち望み続けた。神様のタイミングのために待ちました。

どうやって出来たでしょうか。私にとっては、赤信号で、待つのも本当に辛いです。

その鍵は、ダビデが、神様が約束を守る方であることを信じた。だから、自分の手でコントロールしようとせずに、神様の手に任せた。また、神様の戒めを守り続けた。結果は、神様がダビデを良いところに導いて下さった。私たちがダビデの例に従うと、神様は私たちのためにもそうしてくださいます。

サウルはそうできなかった。ペリシテ人がイスラエルを攻撃した時に、サムエルと神様の救いのために待たずに、サウルは自分の手で、いけにえをささげて、罪を犯した。

また、神様の祝福を待たずに、自分自身を祝福しようとした。つまり、イスラエル人がアマレク人との戦いの前に、神様は言った。「彼らを征服すると、彼らの物を私に全部ささげなさい。」

それなのに、サウルは自分のために一番ベストを取り帰った。

この二つの事件によって、神様はサウルをイスラエルの王として退けた。

あなたはどうですか。あなたは何のために待っているでしょうか。仕事ですか。妻ですか。夫ですか。神様があなたのニーズを備えると約束したことを思い出してください。神様が良い将来を与えると約束したことを思い出してください。

だから、神様の言葉に背いて、「私は自分の力で何かしなくてはならない」と思わないでください。神様を待ち望み続けてください。神様に信頼続けてください。神様の言葉を守り続けてください。そうすれば、神様はきっと自分の約束を守ります。

ダビデはこう書いた。

 見よ。主の目は主を恐れる者に注がれる。その恵みを待ち望む者に。。。私たちのたましいは主を待ち望む。主は、われらの助け、われらの盾。まことに私たちの心は主を喜ぶ。私たちは、聖なる御名に信頼している。(詩篇33:18、20-22)

 

 

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 歴史書, 歴代誌第一 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中