第二サムエル記3章6-38ーー私たちの動機を問うこと

この箇所で、たくさんの政治的な陰謀があります。そして、この箇所を読むと、私たちが自分の動機を問う大切さについて考えます。

アブネルは正しいことをした。つまり、ダビデをサポートした。しかし、悪い理由のためにそうしました。サウルの息子イシュ・ボシェテは、アブネルに言った。

あなたはなぜ、私の父のそばめと通じたのか。(7)

アブネルがその罪を本当に犯したかどうか分かりません。でも、もしイシュ・ボシェテの告発が本当だったら、その文化においては、アブネルが王になろうとしていたという意味になります。だから、イシュ・ボシェテは怒った。

アブネルはそれを聞くと、怒りました。もし、その告発が間違っていれば、それは当然です。もし、その告発が本当だったら、多分、アブネルは自分の罪について聞きたくなかった。とにかく、アブネル言った。

主がダビデに誓われたとおりのことを、もし私が彼に果たせなかったなら、神がこのアブネルを幾重にも罰せられますように。(9)

つまり、アブネルは、ダビデが神様に選ばられたことを知っていた。それにしても、ずっとダビデに従わずに、イシュ・ボシェテに従った。しかし、アブネルがイシュ・ボシェテに怒ると、ダビデに従い始めた。

ヨアブは、もっと悪かった。悪い理由のために悪いことをした。彼は、復讐のためにアブネルを殺した。なぜなら、アブネルは、戦争の中で、ヨアブの弟さんを殺したから。ヨアブは戦争の中でアブネルを殺さなかった。また、一対一の戦いで殺さなかった。むしろ、アブネルが何も予想しない間に、ヨアブは彼を殺した。

ヨアブは、もう一つの動機があったかもしれない。つまり、ダビデがヨアブを捨てて、アブネルを将軍にすることを怖がっていたかもしれない。

ダビデの行動も、ちょっと疑わしいです。ダビデはイシュ・ボシェテに言った。

私がペリシテ人の陽の皮百をもってめとった私の妻ミカルを返していただきたい。(14)

通常の場合、その願いは珍しくない。しかし、ダビデがサウルから逃げている間に、サウルはミカルにほかの男性与えて、彼らは結婚した。そして、その男性はミカルを本当に愛していた。ミカルがどう感じたか、分からないけど、彼女の後の行動を見ると、多分彼女もその人を愛していたと思う。ダビデはミカルの意見を訊くべきでした。

どうして、ダビデは、そのように行動したでしょうか。ダビデは、まだミカルを愛したかもしれない。でも、ほかの妻たちがあった。彼女を本当に愛していたでしょうか。多分、彼は「もし、サウルの娘と結婚したら、イスラエル人は私を王として受け入れる」と思ったかもしれない。ダビデの動機が分からないけど、彼の行動が良いかどうか疑います。

私の最後の質問は、どうして、ダビデがヨアブの裏切りを罰しなかったかということです。神様の律法によって、ヨアブは殺されるべきだった。でも、ダビデは、そうしなかった。なぜでしょうか。ダビデは言った。

この私は油そそがれた王であるが、今はまだ力が足りない。ツェルヤの子らであるこれらの人々(つまり、ヨアブとその兄弟たち)は、私にとっては手ごわすぎる。(39)

多分、ダビデが思ったのは、もし、ヨアブを殺したら、彼の軍隊がダメになっちゃうということです。なぜなら、ヨアブは本当にいい将軍だったから。また、ダビデは自分の甥を殺したくなかったかもしれない。(ヨアブはダビデの甥だった。)

後で、ダビデはソロモンにヨアブを罰することを願ったけど、ダビデが生きている間に何もしなかった。それは悪い決断だと思います。

私たちは何をするでしょうか。また、私たちの動機は何でしょうか。結局、私たちは神様にその質問を訊かれる。良い答えを与えられるでしょうか。もしくは私たちは恥ずかしくなるでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中