第二サムエル記1章17-27–あなたを憎む人を愛すること

ダビデの哀歌を読むと、ダビデがヨナタンについて、泣いたことがは当然だと思う。なぜなら、彼は友人だったから。でも、ダビデはサウルのためにも泣いて、私はびっくりしました。そして、私は彼の恵み深い言葉がよく分からない。

23 サウルもヨナタンも、愛される、りっぱな人だった。生きているときにも、死ぬときにも離れることなく、鷲よりも早く、雄獅子よりも強かった。

24 イスラエルの娘らよ。サウルのために泣け。サウルは紅の薄絹をおまえたちにまとわせ、おまえたちの装いに金の飾りをつけてくれた。

サウルがダビデを憎んだのに、ダビデは、その恵み深い態度を持った。だから、神様はダビデについて、「彼は私の心にかなう人」だと言った。

イエス様は、こう言った。

43 「自分の隣人を愛し、自分の敵を憎め」と言われたのを、あなたがたは聞いています。

44 しかし、わたしはあなたがたに言います。自分の敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい。

45 それでこそ、天におられるあなたがたの父の子どもになれるのです。天の父は、悪い人にも良い人にも太陽を上らせ、正しい人にも正しくない人にも雨を降らせてくださるからです。

多くの人々にとって、その言葉は無理です。良い言葉だけど、理想的な言葉なだけです。全然実用的な言葉じゃないです。でも、ダビデにとっては、その言葉は理想だけじゃなかった。

いったいどのように、私たちは、私たちを憎む人を愛することができるでしょうか。鍵は、神様が、その人々を見るように、見ることです。つまり、ただ彼らの態度と性格と言葉と行動を見せずに、神様が彼らを造った時に、何のプランがあったか考える。そうすれば、苦々しい思いをせずに、また怒らずに、彼らのために悲しくなる。なぜなら、サタンは、彼らから神様の良い計画を盗んだから。

そして、私たちが分かったのは、彼らも壊れた人々であることです。罪によって、彼が壊れた。そのように考えたら、神様のように人々を見るように見はじめる。でも、それは難しいですね。

神様、あなたの目を私に与えてください。ある人々は私を傷つけた。また、私を憎む人々がいる。あなたの憐み深い心を私に与えてください。サタンが、あなたが彼らに与えたい喜びを盗んだから、彼らはそのように行動する。彼らにあなたの憐みを与えてください。また、彼らの痛みを癒してください。もし、彼らの癒しのために私を用いることができるなら、どうぞ私を用いてください。イエス様のみ名によって祈ります。アーメン。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第二サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中