第一サムエル記30章ーー辛い時に、私たちの反応は?

私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい。

ヤコブ2章1節でそう書いてあります。でも、その言葉を言うより、従う方が難しいです。私は辛い時を楽しむ人を全然知らない。でも、辛い時に、どう反応するでしょうか。

ダビデとその民は、決断をする必要に迫られた。ペリシテ人の軍隊と一緒に戦うことを許されなかったから、自分の町に戻りました。でも、戻ると、彼らの町は焼き払われたし、彼らの物は取られたし、彼らの子供たちと妻たちが虜にされた。ダビデとその民はそれを見て、泣く力がなくなるまで泣いた。

ダビデの民はどう反応したでしょうか。苦々しい思いをしていた。また、怒りました。彼らはそう感じて、ダビデを責めたから、ダビデを殺したかった。

でも、ダビデはどう反応したでしょうか。

ダビデは彼の神、によって奮い立った。(6)

もし、ダビデが沈んでていたら、それは普通の反応だと思います。もし、彼が怒って、苦々しい思いをしていたら、私たちはそれが分かると思います。でも、ダビデは、そうしなかった。むしろ、彼は神様によって奮い立った。辛い時に、ダビデは神様に背を向けなかった。むしろ、神様とその知恵を求めた。

そして、神様の導きに従って、その攻撃者を見つけて、戦って、結局彼らを征服した。そして、全部を取り戻した。

辛い時に、あなたはどうやって反応するでしょうか。苦々しい思いをするでしょうか。神様に対して、また、ほかの人々に対して怒るでしょうか。相手を責めるでしょうか。もしくは、神様によって奮い立つでしょうか。

神様とその知恵を求めて、神様の導きに従うでしょうか。もしくは自己憐憫にふけるでしょうか。

ダビデのように、私たちは怒りと苦々しい思いと失望に負けないように。むしろ、知恵と導きを得るために、神様に向けて、その導きによって、行動しましょう。そうすれば、私たちの試練はこの上もない喜びになります。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中