第一サムエル記27-28:2、29章ーーでも、良い目的のためですよ

サウルが、ずっとダビデを追いかけていたから、ダビデは疲れて、ペリシテに戻って、その王アキシュがダビデを受け入れるように頼んだ。多分、アキシュはダビデとサウルのトラブルについて聞いて、ダビデを信頼するようになったかもしれない。だから、彼はダビデとその民に住む土地に与えた。

その間に、ダビデとその民はイスラエルの他の敵を攻撃し始めた。でも、アキシュはダビデに、その戦いについて尋ねたら、ダビデは嘘をついた。「私はイスラエルを攻撃した。」と言った。

どうして、ダビデは嘘をついたでしょうか。多分、アキシュの信頼と好意を得るために、そうしたと思う。

多分、ダビデは思った。「これは良い目的のためです。イスラエルの敵を攻撃して、イスラエル人を助けるから。」

イスラエルを助けたかもしれないけど、ダビデは嘘をついた。そして、結局、その嘘によって、ダビデが困らせられた。アキシュはダビデの嘘を信じたから、ダビデに頼んだ。

あなたと、あなたの部下は、私といっしょに出陣することになっているのを、よく承知していてもらいたい。(28:1)

ダビデは、それを聞いて、本当に困りました。何を言えたでしょうか。以前、嘘をついたから、「イスラエル人を攻撃したくない。彼らは私の民だから」と全然言えなかった。だから、ダビデは言った。

よろしゅうございます。このしもべが、どうするか、おわかりになるでしょう。(2)

しかし、神様の恵みと働きによって、結局ダビデはイスラエルを攻撃する必要がなかった。ペリシテ人の首長たちは文句を言って、ダビデが彼らと一緒に戦うことを許せなかった。

どれぐらい、私たちは「良い目的」のために罪を犯すでしょうか。どれぐらい、そのような言い訳をするでしょうか。神様の目に、罪はいつも悪くて、避けなくてはならないことを思い出してください。そうしないと、ダビデのように、いろんな問題が出てくる。

あなたの人生に、罪のために言い訳するでしょうか。

広告

bkshiroma について

I'm from Hawaii, but have been in Japan as a missionary/English teacher since 1995. I'm currently going to a church called Crossroad Nishinomiya, an international church in Nishinomiya, a city right between Kobe and Osaka. Check out their website: crossroad-web.com 私がハワイから来ましたけど1995年に宣教師と英会話の教師として日本に引っ越しました。 今西宮にあるクロスロード西宮という国際の教会に行っています。どうぞ、そのホムページを見てください: crossroad-web.com
カテゴリー: 第一サムエル記, 旧約聖書, 歴史書 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中